乗鞍高原は散策コースのほかに周辺には子供が大喜びの施設もあるよ♪

乗鞍高原と言えば、白樺の群生林で有名です。一つ難点がありまして、大人であれば風景だけで胸いっぱいになれるんですが、小学生低学年までの小さいお子さんには退屈極まりない…ということになるはずです。でも、安心してください。乗鞍は高原だけじゃありません。小さなお子さんでも十分に楽しめるスポットもありますから。

日曜の夜に仕事行きたくないと考えすぎるならサザエさん症候群かも!

子供のころは毎週サザエさんを楽しんでいたものです。でも見ている最中に、ふと「明日は学校か」と冷静になることが多かったのです。それと同じように感じている人が日本中にいるということなのでしょう。サザエさん症候群とは、「日曜日の夕方から深夜に、"明日から学校や仕事だ"という現実を考えて憂鬱になり、体調が悪くなったり倦怠感が出たりする」という症状の日本における俗称です。

乗鞍のペンションで安くて食事のボリュームもあり宿の人が優しいとこ☆

乗鞍高原を知ったのち、20年ほど前の5月連休に、急に山の風景を見たくなって宿を探しました。偶然に見つけたのが、リーズナブルで宿の人が優しい『ペンションオレンジペコ』でした。子供が生まれる前に、妻と2人で行ったこともあるんですが、あまりのボリュームに妻は夕飯食べてすぐ部屋に戻りぐったりしていました。

雪国に旅行するときの寒さ対策の服装は首回りと靴を決めることがコツ!

北国に住んで、もうかなり長い年数が経ちます。他の地域に比べると、いうまでもなく冬はとても長くて寒いです。さて、そんな私の住んでいる地域を友人が訪れることがあります。中には、冬でも驚くほど薄着で来る人もいるため、「想像より寒い」と伝えるようにはしているのですが、それでも防寒対策は足りないようです。

子なし夫婦でも休日の過ごし方次第で楽しくなれるよ我が家の一コマ♪

我が家は子なし夫婦です。いうまでもなく、休日に子供をつれて出かけるということはできません。どれだけ季節がめぐっても、これといって変化のない日々を過ごしています。子供がいない夫婦って、どのように時間を使っているのでしょうか。家事に励んでいるかたもいることでしょう。趣味で忙しい方も多いかもしれませんね。ここでは、子なし夫婦である我が家の「休日」について紹介します。

寝ても疲れが取れずになんとなくだるいとき私は偶然に克服できた!

これといって原因が思いつかないのに、「なんとなくだるい」「身体が重い」「寝ても疲れが取れない」ということがあります。私も、ときどき、そのような症状に悩まされます。体調が悪いわけではないので、家事や仕事はできます。しかし、だるさが抜けなくて動くのが億劫になるのです。寝ても疲れが取れないので、しばらくだるさが続きます。