ちまきと言えばもち米の三角ちまきでしょ!京都のちまきは和菓子!?

ちまきと言えばもち米の三角ちまきでしょ!京都のちまきは和菓子!?

新潟県柏崎市出身の私にとって、『ちまき』というのは三角ちまき以外には考えられません。しかし、奈良県出身の妻が差し出した『ちまき』は・・・かなりのカルチャーショックでした!しかも、新潟県の柏崎市では、『ちまき』は端午の節句には食べないのです(柏餅は食べましたが)^^

端午の節句の鯉のぼりっていつから飾っていつしまうのが常識?

端午の節句の鯉のぼりっていつから飾っていつしまうのが常識?

たとえば、雛人形でしたら、飾る時期は立春(節分の翌日)から2月中旬まで、しまう時期はひな祭りが終わってすぐに、というのは一般的だと思います。ただし、地域によってはかなりの誤差がありますが。鯉のぼりについては定説を知りませんでした。いつも、ご近所で立派な鯉のぼりが泳ぐ時期になると羨ましいなぁ(広大な敷地のお宅ですから)と思う程度で、特に意識していませんでしたが、鯉のぼりのウンチクも仕入れておきたいと思って、まとめてみました。

そら豆の皮を食べる派・食べない派?皮まで食べる簡単なゆで方!

そら豆の皮を食べる派・食べない派?皮まで食べる簡単なゆで方!

そもそも、そら豆の香りって皮があってこそですよ。皮はちょっと固いかもしれません。皮は固いといっても、噛み切れない固さではないんです。あの食感こそ季節を噛みしめていると感じられるひと時ではないでしょうか?私の場合、皮を剥いて食べても、感動は薄いんです。皮を剥いて食しても、そら豆を食った、という感じではありません。やはり、皮ごと食してビールでプハ~ッとするところに初夏を感じます。

ホットケーキミックスで作る超簡単スコーンは子どもに人気のレシピ!

ホットケーキミックスで作る超簡単スコーンは子どもに人気のレシピ!

ホットケーキミックスって、積極的に使わないと、いつのまにか消費期限切れになったりしませんか?そこで、ホットケーキミックスを有効利用することにしました。ホットケーキミックスが余っていたのでスコーンを作ってみました。学校から帰ってきた娘は、いっぺんに4個ほど食べてくれました。

鯛の天ぷらと言えば徳川家康の死因ですがウソだったのが常識!

鯛の天ぷらと言えば徳川家康の死因ですがウソだったのが常識!

家康は医学書を読み漁ることを始め、自分で漢方薬を調合したりしていました。普通のイメージとして、将軍であれば自分では何もしないと思いますが、結構マメだったようです。家康が体調を崩した直接の原因は鯛の天ぷらにあるとしても、実は本当の死因は現代病でもある『胃がん』だったという説がとても有力です。

人参嫌いの子どもにはキャロットケーキで!お勧め簡単レシピ!

人参嫌いの子どもにはキャロットケーキで!お勧め簡単レシピ!

手作りおやつで気になるのは、砂糖の量が多すぎないかってことです。ま、この点は市販のお菓子に比べたら砂糖の量なんて格段に少ないし、添加物もほとんど入らないので、それほど心配することはないかなとも思います。何よりも、手作りおやつって純粋に子どもが喜ぶところが好きです。でも、子どもの本音は、「コンビニのお菓子が食べたい」ってところにあるのかもしれませんが(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク