子育て一覧

甘いものが苦手で嫌いな子供のために誕生日ケーキの代わりを手作り♪

小さい頃の長女は、甘いものが苦手でした。離乳食から卒業し、しばらくは食べていたのですが、ある日からマドレーヌや甘いパン菓子を嫌がるようになり、気が付けばココアすら嫌がる甘いものが苦手な子に。甘いものが苦手な長女の2歳の誕生日をお祝いするのにどうしたらいいのか!?頭を悩ませました。苦手な甘いケーキでお祝いしても仕方ない。

1歳の赤ちゃんは市販のケーキを食べれるの?本当はいつからオッケー?

1歳の誕生日はなんと言っても特別ですよね。ケーキにローソクなんてお誕生日には必須★でも、まだ離乳食を食べている子がほとんどな時期…市販のケーキを食べさせてもいいの?と思いますよね。市販のケーキならこれくらいという目安や、甘くないケーキをご紹介します。

赤ちゃんの便秘はウンチのときに真っ赤になって泣きながらがサイン💩

泣くことで伝えてくる赤ちゃん👶もしかしたら便秘なのかなーと思いながらも泣く理由は色々ありますから、本当に便秘なのかと悩むことってありませんか?私も、子どもが新生児の時に悩んだ覚えがあります。なんで泣いているのか教えてくれたら助かるのに、この時期はあたふたしてしまいますよね。

イヤイヤ期がない我が子はこのままでいいの?成長段階で問題はあるの?

イヤイヤ期がなくて不安に思っているママもいます。私の長女もイヤイヤをしていたような記憶がありません。イヤイヤ期で困っているママにとったら何もないなんて羨ましい限りなのですが、全然自己主張をしないのも、心配になるものです。イヤイヤをしない子の理由とは?親として何かすべきことはあるのでしょうか。

子供の縄跳びの長さをピッタリに決めて6歳長男が練習に励んでいます★

ある日幼稚園から帰ってきた息子が目に涙をためて一言。「ママ、縄跳び飛べないから練習する!」どうやら、運動会の障害物競争の種目で縄跳びがあり、周りのお友達が飛べたのに自分は飛べなかったらしい。そこで、縄跳びが飛べないお子さんのために、我が家で行った縄跳び練習の内容と縄跳びのベストな種類や長さなどについてお話ししますね。

兄弟喧嘩をどうしたらと悩むより仲良しだからある程度見守ってみたら★

兄弟がいると、毎日と言っていいほど兄弟喧嘩が勃発!我が家の年子兄弟も、一瞬や数分で終わるものも合わせれば喧嘩をしない日など滅多にありません。兄弟喧嘩はどこまで黙っていて、仲直りのためにはどうしたらいいのかについて、さんざん兄弟げんかを見てきた私の体験談からまとめてみました。

小学生の習い事の決め方ポイントのヒントと女子に人気の小粋な5選★

習い事は、成長してからも役立つことがあるということや、子どもの健康や経験につながるというメリットがあります。 しかし、疲れてしまって勉強がおろそかになってしまったり、費用がかかったり、子どもの自由が減るというデメリットがあります。どんなことに気を付けて習い事を選べばいいのか、そんな習い事の決め方をまとめました。

発達障害の子供を育てられないなんて言わずに私は将来を考え抜く!

発達障害を抱える子を持つ私は、節目ごとの選択肢が、子供の精神状態や将来を大きく左右するため、それが果たして本当に子供のためなのか?それとも、親のエゴなのか…とても悩んでしまうのです。そこで、発達障害の子にとって「子供のため」とは何なのかを実体験から考えてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク