体の悩み一覧

裸で寝るのは夏バテ防止に逆効果だからパジャマで睡眠の質を高める!

「夏はパジャマを着ずに、裸で寝る」という人もいます。しかし実際は、裸で寝るのは夏バテ防止に逆効果です。裸で寝ると、汗は全て布団綿に吸収されます。この布団綿は、空中の水分を吸収すると「湿潤熱」というものを発生させます。そして湿潤熱が発生すると布団の温度が上がってしまいます。そのため、裸で寝るとパジャマを着るよりも暑くなってしまうのです。

寝れない眠れないだるい症状の原因がリンパ節の腫れだった私の体験!

「リンパ節が1.5センチほどに腫れている」という話でした。結局、乳腺などには異常無し、と判断され、「腋窩リンパ節炎かな」ということで、痛み止めと、抗生物質が処方されたす。薬を飲み始めて数日が経ちますが、脇の下の痛みは少し和らぎました。夜中に目を覚ます回数も減っています。熱と頭痛は相変わらずですが、薬を飲む前よりは良い状態です。

女性の習い事で格闘技ならダイエットはもちろん護身術にも効果的♪

1年ほど前から、友達が、キックボクシングを習いはじめました。彼女は、もともと体を動かすのが大好きな子です。最初は、1回500円の「体験講座」に行ったのだそうです。そのときの楽しさが忘れられず、いまもキックボクシングジムに通っています。運動をしているせいか、彼女の体は、どんどん締まっていきます。それを見ているうちに、「格闘技を習うのも楽しそうだな」と感じるようになりました。

日曜の夜に仕事行きたくないと考えすぎるならサザエさん症候群かも!

子供のころは毎週サザエさんを楽しんでいたものです。でも見ている最中に、ふと「明日は学校か」と冷静になることが多かったのです。それと同じように感じている人が日本中にいるということなのでしょう。サザエさん症候群とは、「日曜日の夕方から深夜に、"明日から学校や仕事だ"という現実を考えて憂鬱になり、体調が悪くなったり倦怠感が出たりする」という症状の日本における俗称です。

寝ても疲れが取れずになんとなくだるいとき私は偶然に克服できた!

これといって原因が思いつかないのに、「なんとなくだるい」「身体が重い」「寝ても疲れが取れない」ということがあります。私も、ときどき、そのような症状に悩まされます。体調が悪いわけではないので、家事や仕事はできます。しかし、だるさが抜けなくて動くのが億劫になるのです。寝ても疲れが取れないので、しばらくだるさが続きます。

夏バテには質の良い睡眠のためにエアコンで温度管理をするのがベスト!

「食欲がない」「疲れが取れない」「下痢が続いている」「気力がわかない」など、夏バテ特有の症状に苦しんだ経験をお持ちの方も多いでしょう。私も、夏場は、疲れを感じることが多い気がします。我が家も、夏バテを防ぐという視点で考えると、そろそろ寝室に冷房を導入したほうが良いかもしれません。なぜなら、夏バテには睡眠が大きく関わっているからです。

口周りや頬の肌荒れが治らないときに洗顔方法を見直してみた体験談☆

肌荒れが気になるとき、見直してみたいのが洗顔方法です。洗顔方法を見直したところ、私の肌荒れは、かなり改善しました。そこで、洗顔時に気をつけたいポイントなどを紹介します。「化粧品を変えても肌荒れが改善しない!」そんな悩みがあるときは、洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク