メガネは洗い方で長持ちします!メガネレンズの正しいお手入れ方法はこれだ!!

プライド:レスポンシブ

メガネを長年かけていると、お手入れがついつい雑になりがちです。昔のガラスレンズなら多少は手荒に扱っても痛むことはほとんどありませんでした。

しかし、最近のプラスチックレンズでは、お手入れ方法を誤ると、レンズの寿命を極端に縮めることになってしまいます。プラスチックレンズは軽くてかけやすいのですが、とてもデリケートなコーティングがされているからです。



デリケートなコーティングであるがゆえに、押さえておきたいお手入れ方法があるのです。

息子のメガネ!汚れではなく、すべて剥離のアトです。




メガネレンズの正しいお手入れ方法!

正しいお手入れで、いつまでもメガネレンズはきれいで長持ちします。

ホコリや汚れが気になったら、必ず水をかけてから吹くこと

黄砂が舞っている時期などは、メガネにもびっしりと付いています。また、お料理をしていると油が多量にメガネに付着していることに気づくと思います。

そんなとき、クロスやティッシュでいきなり拭きだすと、とんでもないことになります。



微小な黄砂や汚れで、メガネレンズを研磨しているのと同じことになってしまいます。レンズをきれいにしようという行為によって、レンズに傷を付けていることになるんです。

外出先だと面倒くさいのですが、メガネを拭くときは必ず水をかけてからにしてください。お湯はダメです。メガネレンズは極端に温度変化に弱いんです。お湯を使ってしまうと、必ずレンズの剥離という悲しい結果が待っています。

洗うときに使う洗剤は、中性以外は使ってはいけない

デリケートなコーティングを施されたメガネレンズは、酸性やアルカリ性にとても弱いものです。コーティング自体が化学処理のためです。

洗剤を使うときは、必ず裏面の『液性』を確認しましょう。ここで『中性』と表記してあれば安心です。少量を手に取って泡立てて、やさしくレンズを拭いたら、アトは水洗いでオッケーです。




ちなみに、手を洗うついでに、メガネも洗おうと考えて安易に使いがちなものの例として↓↓


危ないですね!酸性の液性ですから、メガネレンズのダメージには相当なものがあります。

石けんも危険です!!

石けんは、アルカリ性なんです。石けんって昔からある洗剤で、万能なように思ってしまうので、ついついメガネレンズもゴシゴシと洗ってしまいがちですが、酸性の商品と同じようにレンズにダメージを与えますので、気をつけてください。

息子はきれいになると思って、いつもお湯を使っていました。


オレンジピール入りの洗剤も危険です!

実はオレンジピール入りの洗剤は、弱アルカリ性です。くれぐれも洗剤を使うときは裏面の液性をよく確認してください。


こんな生活がメガネレンズを痛めてしまいます!

メガネがないと不便なのは十分わかります。でも、ほんのちょっとだけ気を付けましょう。

温泉にメガネをかけて入ると、レンズの寿命を縮めます。

私の失敗でもあります。温泉大好きなのですが、メガネがないと景色も見えず、段差も危ないので、温泉に行ったときには、いつもメガネをかけて入っていました。

でも、メガネレンズをお湯で洗うのと同じダメージがあります。なぜ、お湯で洗うのが悪いのか?



それは、コーティングしたレンズは気温差による膨張率の変化に極端に弱いからです。最悪、メガネレンズ表面の剥離が起こります。そうなると、レンズは直せません。新しいものを買うしか方法はありません。

じゃあ、温泉には入ったらダメなのか・・・

では、極端に視力が悪い人はどうしたらいいのでしょうか?メガネがないと何も見えないので、温泉に入っても景色も楽しめず、何より足元が危ないですよね。



メガネ屋さんからアドバイスをもらいました!!

ガラスレンズのメガネをかけて入ればいいって話です。ガラスレンズは重たくて不便ですが、温泉に入っているあいだだけです。ガラスレンズのメガネって、プラスチックコーティングのメガネに比べたら本当に安いんです。

それに、ガラスレンズって、膨張率とはほぼ無縁です。つまり、お湯で洗っても大丈夫ってことです^^



温泉に入るためだけにガラスレンズのメガネを買うってどうよ!と思われるでしょうが、大事に使えば一生持つんじゃないでしょうか。


まとめ

私は極端に視力が悪く、以前0.01と言われたことがあります。正規の位置から、前に移動して行って視力を測るんです。最近は裸眼の視力は意味がありませんので、そんな検査はしていませんが。

近視と乱視が相当に入っていますので、メガネ代はほぼ10万円になります。フレーム代込みです。ですからレンズ自体を痛めてしまうと、ちょっと財布に厳しいことになります。



でも、日頃のちょっとした気づかいで、メガネは十分に長持ちします。体の一部ともいえるメガネを大事に使っていきたいものです。

息子のメガネを新調しました。5万円・・・

スポンサーリンク
スポンサードリンク