奥飛騨のクマ牧場は家族連れはもちろん、カップルにも最適スポット!!

プライド:レスポンシブ

隠れた名所というか、知名度抜群というか、とにかく家族連れにもカップルにも楽しめるスポットが奥飛騨のクマ牧場です。

5回ほど行きましたが、全然飽きませんよ!!



奥飛騨クマ牧場へのアクセスは?

私は京都府在住なので、飛騨高山から行きます。飛騨高山から1時間ほどで着きます。距離数は40km弱です。


飛騨高山でのんびりできるんでしたら、是非遊んでみてください。

もっとも、飛騨高山を楽しむのでしたら前泊じゃないと厳しいと思います。



飛騨高山から国道158号線を東へ進みます。途中、左手に『飛騨大鍾乳洞』の入り口がありますので、時間が許せば、立ち寄ると面白いんです。飛騨大鍾乳洞は休憩も入れて、1時間半もあれば十分回れます。

平湯温泉に着いたら、国道471号線を北に進みます。平湯温泉から奥飛騨クマ牧場までは4kmほどです。進行方向右側が入口になります。



奥飛騨クマ牧場までの国道471号線はとても飛ばしやすい道路ですので、十分気をつけてください。でも、クマ牧場の入り口には巨大看板がありますので、通り過ぎる心配はありません。

もちろん、はく製です!クマ牧場の入り口にあります。


奥飛騨クマ牧場って、どんなところ?

クマ牧場では、エサを買ってクマちゃんに投げ与えるのが楽しいですよ。私が頻繁に行っていたときは100円で売っていました。クマちゃんが立って、『こっちに投げて』って催促するのが可愛らしいです。




残念なのは、クマちゃんの『学習発表会』が、平成29年7月1日で終了になったことです。なんで?? あんなに愛嬌のあるクマちゃんを見ることができたのに・・・




子熊ちゃんを抱っこできる可能性もあります。公式サイトでは毎日抱っこできるような記載がありますが、私が5回ほど訪れて、実際に抱っこしていたのは、2回だけだったので、確実に抱っこするためには、行く前に子熊ちゃんがいるかどうか確認した方がいいと思います。



子熊ちゃんの抱っこは結構小さい子らが並びますので、行列は覚悟です!

子熊ちゃんの抱っこ時間です

奥飛騨クマ牧場を楽しむための注意点!

小さいお子さんに限らず、ちょっと大きくなったお子さんでも十分楽しめます。また、カップルで訪れても、とても楽しい思い出になること間違いなしです。

ここで一言!

特に小さいお子さんからは目を離さないでください。



もちろん、クマ牧場には柵がこしらえてありますが、ひょっとしたらよじ登ることが可能です。柵の中に落ちてしまったら・・・その高さゆえに衝撃は相当なものですし、中にはたくさんのクマがうようよしています。

小さいお子さんの手は、クマ牧場を出るまでギュ~ッと握っておいてくださいね。私も娘が小学校1年生の時は、大丈夫とわかっていても、娘が柵のところに立って見たいと言い出した時は、体を支える手に思い切り力が入りました(^^;)



奥飛騨で楽しい思い出を作ってください。

こんな子熊ちゃんに会えたら、お子さんや彼女はどんなに喜ぶでしょう^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク