ベランダ収納をボックスにしたら、洗濯ハンガーや洗濯バサミが汚れなくなった!

プライド:レスポンシブ

ベランダ収納について、長らく悩んでいました。洗濯ハンガーや洗濯バサミが埃だらけになるんです。せっかくきれいに洗った洗濯物が一瞬で汚くなるような気が・・・

そこで、こんなボックスに変えてみました。




以前は、こんな収納ボックスを使っていました。


引き出しが付いているので、ハンガーや洗濯バサミをそれぞれの引き出しに収納できて、便利かなと思ったからです。

しかし・・・

使い始めてすぐに大誤算に気づきました。我が家のベランダは風が通り抜けるところにあるので、とにかく埃が引き出しに溜まること、溜まること!田んぼや畑からの風に乗って、砂埃も目立っていました。



でも、面倒くさかったので、収納したハンガーの埃は、洗濯ものを干すときにフッと息を吹きかけるだけで、埃を取った気になっていました。

プラスチック製ボックスなので、紫外線でボロボロに・・

経験された方も多いと思いますが、プラスチック製品は紫外線に当たり続けると、本当にもろくなります。ベランダ収納として、使っていたプラスチック製収納ボックスも5,6年経つころには、見るも無残なボロボロ状態になりました。



だいたい、引き出しの蓋部分がパキパキッと割れていって、最後は蓋なしの状態になりましたから。引き出しを開けるときのわずかなチカラだけで割れてしまうくらい、紫外線で弱っていたんです。

ベランダにプラスチックの破片が散らばるのもストレスになっていました!!

ベランダ収納をスチール製のボックスに変えたみましたが!


我が家のベランダは狭めです。サッシから手すりまでの幅は122cmです。でも、ベランダ収納ボックスのサイズは、50cm×41cm×66cm(66は高さです)ですので、圧迫感がありません。

以前のプラスチック製収納ボックスは、高さが1mを超えていたので、鬱陶しいくらいの圧迫感がありました。また、重量が軽いので、風が強い日はベランダでクルクル動き回っていました。ひどいときは倒れている時も。



その点、スチール製のコンパクト収納ボックスは、ある程度の重量があるので、少々の風ではビクともしません。コンパクトに見えるのですが、収納容量はかなりあるので重宝します。


普段はこんなふうに洗濯グッズを全部入れて蓋をしています。




蓋は、かなり覆いかぶさるように閉まるので、収納ボックスの中が埃だらけになることはありません。現に、半年使っても、目立つ埃はありませんでした。ま、たまには拭きますが。




洗濯物を干すときは、こんなふうに、洗濯バサミを横の取っ手に掛けられます。なお、布団たたきや布団ハサミを収納できるほどのたっぷり容量です。




キャスター付きですので、ベランダが痛むことはありません。引きずる必要ないですから。でも、ちょっとの風でコロコロ転がることもありません。どっしりしています。



私の場合、この省スペース ベランダ収納庫でイライラがなくなりました。そもそも、我が家では平日の洗濯係は男性の私になっていますから(^^;)



ハンガーや洗濯バサミを竿に掛けたままにしておくと・・

近所の家で見かけるんですが、洗濯ものが掛かっていないハンガーをずら~ッと並べてある光景!

あれって、結構な埃が付くんじゃないでしょうか?

自動車の排気ガスもバカにならないでしょう。微量な油煙でも積もり積もると、ハンガーは黒ずんできますよね。そんなハンガーに洗ったばかりの洗濯物を干す・・・

見た目にはわからないのかもしれませんが、かなり不潔だと思います。


家の中に収納ボックスを置くのはどうでしょう?

我が家は1階の洗面所で洗濯してから、洗濯かごに洗濯物を入れて、2階のベランダに運びます。

もしも、家の中に収納ボックスがあれば、ハンガーや洗濯バサミが汚れることもなく、紫外線で劣化することもありません。



でも、我が家でこの方法は取れません。家が狭いからです(^^;)

洗面所の収納スペースはいっぱいです。たとえば、2階の廊下にハンガーや洗濯バサミの収納ボックスを置いたとしたら、歩くときに狭すぎてイライラするはずです。



ですので、必然的にベランダにベランダ収納ボックスを置くしかありません。おうちを少しでも広く使おうとするのでしたら、省スペース ベランダ収納庫は、かなりおススメです。

そろそろ、ベランダ掃除のタイミングかも。

スポンサーリンク
スポンサードリンク