車山高原のリフトに近くて料理自慢の美味しいお宿はここ!

プライド:レスポンシブ

失礼! 牛リブロースステーキを頬張っているところです。





霧ヶ峰といえば、ビーナスラインに代表される景観の美しさであまりにも有名です。冬場にはスキー客で混みあう、車山高原もどっしりと構えます。



霧ケ峰と車山の関係は・・

霧ヶ峰は日本百名山の一つで、車山は霧ヶ峰の最高峰(1925m)という位置づけです。

料理自慢のお宿はここ!なんとステーキが食べ放題です^^

2回ほど訪れました。ディナーは、フレンチのコースでした。私がリピートしたのは、一つ一つのお料理の繊細さは、もちろんのこと、なんとステーキが食べ放題だったからです。

あっ、お肉が落ちそう!もったいない・・





ペラペラのステーキではありません。れっきとした牛リブロースステーキなんです。

ステーキだけではありません。25銘柄のワインも好きなだけいただけます。さらに・・チーズもふんだんに食べ放題になっているんです。



2回ともステーキは3枚半いただきました。「半」というのは妻の食べ残しです。妻は少食ですので。最初に行ったときは、あまりの嬉しさに、ワインを次々と注いでいました。ちなみにブッフェスタイルです。



もちろん、シェフの自慢のディナーコースもすべて平らげました。

でも、このお宿に宿泊するお客さんの平均年齢は高めです。静かな大人のお宿です。



ですので、学生さんの焼肉食べ放題のノリでがっつくのはやめましょうね。妻は、私のステーキお代わりに、眉をひそめていました。でも、ひたすら静かに、嬉しくて黙々と食べました^^ お代わりを続けたのですが、宿の方はニコニコして持ってきてくださいました。



このお宿はどこにあるのか?

マップで確認をどうぞ!




車山高原のすぐ近く、ビーナスラインから少々入ったところにある、『英国調の小さなホテル  シェットランド』さんです。

このときは8月でしたが、寒かった・





なぜ、2回行ったのに、そのアト行ってないかと申しますと、シェットランドさんは、中学生未満は入れないんです。

旅行のアトに娘が生まれたので、もうしばらく、中学生になるまではお預けなんです。



しかし、心配が・・・

中学生の娘が父親と一緒に旅行に行ってくれるのか? 私一人だけ、留守番になるかも(^^;)


ベストシーズンはいつか?

あくまで私の独断でのベストシーズンですが、やはり7月の梅雨明けから8月中旬くらいまででしょうか。

個人的には、いちばん爽やかな季節だと思います。ニッコウキスゲも満開ですし。


ビーナスラインを知ったのは、高2のクラス旅行に行ったときです。景色のあまりの美しさに超感動ものでした。

そしてある歌が思い浮かんだのです。往年のプロレスファンならご存知ですね。ミル・マスカラスのテーマ曲『スカイ・ハイ』だったんです。



歌詞の内容は、爽快な高原とはマッチしないんですが(失恋の歌ですから)、メロディーは絶対にマッチすると思います。

ベストシーズンは、人それぞれです。もちろん、初秋の頃なんかも素敵ですよね。でも寒そう・・

スキーやスノボを楽しまれる方なら、いっそのこと冬を選ばれるのもいいかもしれませんね。

シェットランドさんでステーキもりもり食べるとパワーがみなぎりますよ^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク