沖縄のかき氷はしろくまがおすすめですが駐車場の場所がややこしい!

沖縄の糸満市にある「いなみね冷やし物専門店お食事処」で白熊を堪能しました。

鹿児島の白熊は超有名ですが、沖縄にもあったんですね~(^^♪

これはちょっとブサイクでした。目が外れたので付けたのですが、角度間違えました。





ガイドブックの写真に惹かれた妻が、どうしても行きたいというので食べることにしました。

でも、この「いなみね冷やし物専門店お食事処」の駐車場がけっこうややこしいんです。
お店の場所だけでしたら、レンタカーのカーナビで電話番号登録で簡単です。



実際にお店に到着して「え~!どこに車停めたらいいの?」って、なりかねないんです。
↑ ↑ 小型車だから、いいってことないですよ!警官いたら切符切られますから。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖縄の白熊で有名な「いなみね冷やし物専門店お食事処」の駐車場は店からちょっと離れたところに!

「いなみね冷やし物専門店お食事処」に駐車場は隣接されていません。
ですので、カーナビ頼りの観光客泣かせなところもあります。

路駐はさすがに抵抗ありますもんね。
私が白熊を食べていた時も、2,3組の観光客が「駐車場はどこ?」って聞いてきました。
駐車場は、ほんのすぐそばに、かなり広く設けられているんですよ♪



那覇空港周辺でレンタカーを借りて、いなみね冷やし物専門店お食事処の白熊を食べに行こうとすると、通常は331号を南下して、潮崎の交差点を左折することになります。


いなみね冷やし物専門店はすぐにわかります。
潮崎の交差点から2分もかかりませんから。



いなみね冷やし物専門店を左に見て通り過ぎ、そのすぐ次の交差点を右折してください。

交差点を右折してから50メートルほど進んだ左側に、いなみね冷やし物専門店の専用駐車場があります。ただ、看板がけっこう小さいので、ゆっくり進んでくださいね。



左に注意していれば、すぐにわかります。





実は、お店の前に駐車場の位置についての、簡略地図が貼ってあるんです。

いなみね冷やし物専門店を通り過ぎて、直後の信号を右折なんですが、目印は琉球銀行糸満支店です。



でも、銀行には停めたらだめですよ。




※観光地でレンタカーを借りると、そこら中に行けますが、やっぱり駐車場は不安ですよね。
有名観光どころなら大きな駐車場が完備されていますが、特に小さなお店でしたら綿密に調べた方が安心です。

いなみね冷やし物専門店の白熊は可愛いしふんわりかき氷が美味しかったです♪

海水浴に行って、海の家で食べる定番といえば、カレーライスとかき氷だと思います。
でも、海の家のかき氷って、いくら暑くても急いで食べると、こめかみあたりがキーンと痛みますよね。



いなみね冷やし物専門店の白熊はそんなことありませんでした。
夕方に親戚と会うことになっていたので、時間がなくて急いでかきこんだのですが、頭が痛くなりませんでした。



かなりフワフワのかき氷でしたよ。
※ちなみに、頼んだのは「ミニ白熊」です。
ミニでも、けっこうなボリュームですから通常サイズを頼むときは、それなりの覚悟が必要かと思います。



昼ご飯を食べてすぐアトとか、夕飯のちょっと前でしたら、「ミニ白熊」を2人で分けるのがおすすめですよ。それだけボリュームがありますから。

金時の白熊も可愛いんです!



可愛いし美味しいんです。



白熊にも金時にも、氷の下には、ふっくり炊かれた金時豆ともちもち食感の白玉が隠れています。これは嬉しいサプライズでした(^^♪



いなみね冷やし物専門店はご飯ものも充実しています。

いなみね冷やし物専門店は、別にかき氷専門店ではないんです。
ご飯ものも充実しているんですよ。



現に、私らが到着した午後2時半頃は、近所の親子連れだと思いますがお昼ご飯食べていましたから。

ね、けっこう安くてお腹いっぱいになりそうでしょう。

残念ながらアルコールは置いてありませんから。
運転手の私には関係ありませんが、傍らの妻がショックだったようです…


沖縄への旅は本当に魅力的ですね。
でも、割と近郊で、のんびり楽しむのもお財布に優しいから大好きです(^^;)
関西在住の方ならパルケエスパーニャが、安近短で便利です!

さいごに

有名人も訪れているようですよ、いなみね冷やし物専門店には!

いなみね冷やし物専門店さんは、以前まるみつさんって言われていたんですね。

真夏はアイスクリームやソフトクリームよりも、さっぱりとしたかき氷の方が美味しく感じることってありますよね。そんなときは、どうぞ、いなみね冷やし物専門店の白熊を食べに行ってください。