ブレーメの丘のアスレチックはキッズ専用がアルプスジムの直下にある!

滋賀農業公園「ブルーメの丘」、関西近郊の方でしたら一度は行ったことがあるかもしれません。

できたばかりの20年ほど前に訪れたことがあります。
そのときは、手作りソーセージを味わえるお花畑という印象でした。
しかし・・
変わりましたねぇ~!

2019年3月には、国内最大規模のドイツ製巨大アスレチックを備えて、大人も子供もアクティブに楽しめるスポットに生まれ変わりました。
もちろん、開園当初からの「季節の花を存分に愛でる」というコンセプトも脈々と受け継がれています。

入り口付近。バラがきれいなときに行きました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーメの丘のアスレチックですがキッズ専用コースがアルプスジムの直下にあるんです!

アルプスジムは見上げるほどのド迫力です。





ブレーメの丘の売りは、何といってもドイツ製巨大アスレチックでしょうね。
でも、就学前の子では利用できません。
また、小学生でも高いところは怖い…というお子さんでしたら、140cm未満で40kg未満なら巨大アスレチックの真下にあるキッズコースがおすすめです。



キッズコースといえども、ハーネス(安全ベルト)とカラビナは必着ですので、安全面も十分に考慮されているので安心です。

ブルーメの丘のキッズコースのアスレチックの概要です。

我が家の娘(小3)はアスレチックは好きなのですが、最近はやりの高度感抜群のアスレチックは苦手です。
高いところで足がすくんでしまうようです。



その点、ブルーメの丘のキッズコースは高所に不慣れな小さな子でも安心して楽しめますよ。

ちゃんとハーネスも着けています。





高いところが苦手な子には、このくらいがちょうどいいんです。
緊張感もそれ相応にありますし、恐怖だけでなく本当に楽しめますからね。






メッチャ安全だから安心です。





本人は必死ですが、親は安心して見ていられます。





ほかにも、車に乗ったり…と、けっこう楽しめますよ。
赤丸のところの車に乗って、空中散歩って感じです。
小さな子には、これで十分です!


最近は各地に高度感たっぷりのアスレチックがありますよね。
信州の乗鞍高原に遊びに行ったときにもありました。昔はそんなアスレチックはなかったのですが。
CHECK>>高度感のあるアスレチックは我が子の性格をよく把握しないと。救出まで30分かかりました。

ブルーメの丘へのアクセスと駐車場について



【ブルーメの丘】
滋賀県蒲生郡日野町西大路843
☎0748-52-2611

最寄りのインターからは、割と距離がありますので、ナビ設定が無難ですよ。



駐車場につきましては…
かなりの収容力があります。
でも、早めの到着がベストです。

帰路に就こうとした午後2時ころには、かなり埋まってましたから。

普通の土曜日の午前10時ころの駐車場です。





ちなみに営業時間は。
ただし、冬季期間中(12月1日~2月28日)は全日午前10時から午後5時までで、休園日が毎週水曜日と木曜日になります。


さいごに

ブルーメの丘の楽しみ方は、アスレチックだけではありません。
季節の花の美しさは言うまでもありませんが、アスレチックのほかにも大人でも楽しめるアトラクションがけっこうあるんです。

難点は日影が少ないことです。
暑いときや日差しが強いときは、たっぷりの飲み物と帽子や日傘が必須です。
日焼け止めも必需品だと思います。

1日中遊ぶと、大人でもかなり消耗するはずです。
小さなお子さんには特に注意してくださいね。