メーデーって何する日が本来の意味かなぁ労働者の祭典ならお祭り騒ぎ?

入社したての頃、半ば無理やりに労働組合に加入することになりました。
その後しばらくは毎年のように5月1日のメーデーに参加しました。
当時は労働組合は割と盛況だったと思います。

その頃は、メーデーって労働者の祭典だよなぁ…くらいの知識しか持ち合わせず、仕事しなくていいからラッキー!くらいの感覚で参加していたのです。確か当時は有給休暇も出さずに、メーデーの集会に行って行進もしたような記憶があります。



でも、メーデーって何ですか?メーデーは集会の日なんですか?
と、真顔で聞かれてまともに答えることができるでしょうか。

メーデーの由来と意味に迫ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーデーは本来は労使双方の休戦日であり、両方で祝った日だった!?


メーデーは本来五月祭を意味し、この日に夏の訪れを祝う祭がヨーロッパの各地で催されてきたのです。この五月祭では労使双方が休戦して共に祝うのが慣習だったんです。

それが近代に入ると、現在のメーデーに転化し、毎年ニュースで流される『労働者の日』メーデーが生まれたのです。
※メーデーは、英語で書くと“May Day”です。
古くからヨーロッパでは『夏の訪れを祝う日』とされ祝日とされてきました。

メーデーが今風のメーデーになった発端は?


始まりは1886年の5月1日です。
その頃のアメリカでは1日12~14時間勤務が当たり前でした。

そこで、アメリカのシカゴで、労働環境の改善を求めて労働者がゼネラルストライキ(全国的な規模で行われる労働争議)を起こしました。時は1886年の5月1日!メーデーはその日に、8時間労働の実現を要求したことに由来します。



それ以降、労働者たちが集まって権利を主張する日として、ヨーロッパをはじめ各地に広がったのがメーデーです。
今では5月1日を『労働者の祭典』として祝日とする国も多く、世界中で労働者たちのイベントやデモ行進などが行われます。
ですのでメーデーは労働者の単なるお祭り騒ぎではないんですね。

メーデーの日本での始まりはいつ?


日本では1920年5月2日に第1回メーデーが東京の上野公園で開かれました。
第二次世界大戦中は政府により開催が禁止されてしまいました。



しかし、戦後の労働組合の活動再開とともに再び開かれるようになったのです。
・労働者の地位や労働条件の向上
・労働者の権利拡大
・労働者の人権、労働基本権の確立
・民主主義の発展
・恒久平和の希求
などに深く貢献してその役割を果たしてきて現在に至っています。



要するに、メーデーは、世界の労働者がデモンストレーションによって団結の力と国際連帯の意思をしめす大統一行動の日ということになります。ですので、メーデーは、労働者の闘いと連帯をテーマにした統一行動日で単なるお祭り騒ぎではないんですよ。

メーデーのデモ行進でいろいろと訴えているけど、実現って可能なの?

メーデーは、あの春闘とは根本的に異なります。
春闘では、経営側と労働者が賃金などの交渉を行い、具体的現実的な回答を引き出します。

しかし、メーデーの中心はデモンストレーションとシュプレヒコールにあると言えます。
すなわち、メーデーは交渉の場ではありません。
労働者の団結力を示すものです。



もちろん、デモとシュプレヒコールの中身は、その時々の労働者の切実な要求を含んでいます。でも、メーデーでの行動によって、政府なりが自ら、その要求を取り上げていくことはありません。

メーデーでの労働者の切実な要求を、時の野党が政府にぶつけていき、実現したものとしてよく知られているのが週休2日制になります。



メーデーには最近、多くの労働者が参加していないと感じるけど…


労働者の最大勢力である連合の存在も影が薄いと感じませんか?

今の野党では到底、政権政党になることは望むべくもないですよね。
政権を取ることが夢のまた夢なのですから、労働条件の改善なんて本当に夢物語みたいなもんです。

それでは労働者としてはメーデーに参加する意欲を無くすのは当然です。

メーデーに参加するよりも、仕事バリバリして会社内での評定を上げた方がどれだけ自分にとって利益があるかわかりません。



賃上げ交渉もままならず、ストライキも打てない組合なんかに何の魅力もありませんし。

さいごに

このように本来のメーデーは労働者の祭典なんです。

しかし、労働者として掲げる要求が通りそうな気配は皆無に近いものがあります。
以前のように、労働者が自信と希望をもってメーデーに参加できる日は来るのか…
世の中はすっかり変わってしまいましたね。



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。