つわりはいつまで続くのかや症状を食べつわりの経験から語ります。

命を授かるって本当に奇跡的で幸せなことです。
生まれてくる我が子を思いながら幸せなマタニティライフを謳歌していきたいところ…

しかし妊娠して間もなく「つわり」がやってきます…

つわりに加えてマタニティブルーで、私はマタニティライフなんて
楽しめたもんじゃありませんでした。


あの頃の私は、つわりがいつ終わるのか妊娠経験のある人に聞いたり、
毎日のようにネットで調べたりしていました。

個人差があるのだから知らない誰かの「早く終わった」とか、
「長かった」とか、自分に当てはまることはないとわかっていても
検索せずにはいられませんでした。

そこで、あなたにちょっぴりでも参考になればと、
私自身のつわり体験についてお話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

吐けないつわりは本当に地味につらい


つわりと言えば「吐き気」「食欲不振」などの症状が現れる
「吐きづわり」のイメージが強いのではないでしょうか。

妊娠前の私は、吐きづわりの存在しか知りませんでした。



ところがいざ妊娠してみると、思ったより吐いたりすることもなく、
ご飯も食べられました。

むしろ何かを食べていないと気持ち悪くなり吐き気が襲ってきます。
しかし食べたからと言って気持ち悪さが消えるというわけでもなく…。

そんな私は吐きづわりではなく、常に食べていないと気持ちが
悪くなるタイプのいわゆる「食べづわり」でした。



吐いてばかりのつわりは言わずもがな辛いに決まっています。
飲み物すら受け付けず脱水で点滴を受け、入院して吐き気止めの点滴を受けてもなお止まらない吐き気…
つわりのひどかった友人知人の話を聞くと本当に壮絶です。



それに比べて、私の食べづわりは2~3回吐いたことがある程度です。
どちらかと言えば吐きたくても吐けないようなレベルの吐き気でした。

これが地味につらかったのです。
何度も「いっそ吐けたら楽になるだろうな」と思いました。



さらにニオイにも敏感になりました。

料理をするときのいろんなニオイや食器を洗うときの洗剤のニオイが特にダメになり、
わざわざホームセンターで買った防塵防臭マスクをつけてキッチンに立っていました。

解体工事でもするかのような見た目のマスクなので恥ずかしくて家の中でしかつけられませんでしたが、ちゃんとニオイをシャットアウトしてくれるのでこのマスクには本当にお世話になりました。



また、今まで気に入って使っていたシャンプーの香りが苦手になり、
今までなんとも思わなかった夫や男性のニオイも耐え難いものになってしまいました。

「体臭がキツイ」とか「近寄らないで」とか、
家でも職場でも私は言えなかったのでただただつらかったです。

つわり時期に食べやすかったもの


食べづわりで、しかも基本的にはなんでも食べられた私ですが、
やはり食べたくないものと食べたいもの、食べやすいものがありました。

まず食べたくなかったのは「天ぷら」や「なすの素揚げ」です。
なんといっても揚げ物ですから胃がもたれるので避けていました。
口に広がる油の味も嫌でした。



それなのに食べたくなったのは「チキンナゲットとフライドポテト」でした。
めちゃくちゃ油で揚げています。
矛盾しているようですが、なぜか食べたくなるときがありました。
某ファストフード店の油の味は体が受け付けました。



そして食べやすかったのは「すっぱい味のもの」です。
すっぱいものそのものではなく、トマト味やゆず味など爽やかな味付けが食べやすかったのです。
特に梅しそおにぎりをよく食べていましたね。



私のつわりはいつのまにか終わっていた…


つわりの終わり方も人それぞれです。

ある日突然ピタリとつわりがなくなる人もいれば、徐々に消えていく人もいます。
つわりが終わってもお腹が大きくなってくる妊娠後期にまたつわりになる人もいます。
中には出産するまでずっと…なんて方もいらっしゃるようです。
その苦しさを想像すると、心中察するに余りあります。



私のつわりはゆっくりとフェードアウトしてくれました。
幸い、後期つわりもありませんでした。



妊娠6週目ごろからなんとなく胸焼けがし、
ちょっと気持ち悪いなと感じるようになってきました。

次第につわりが強くなり、8週目ごろから安定期と言われる16週目ごろまで続いていました。
安定期に入ってからもつわりの不快感はまだ少し残っていました。

完全につわりがなくなったと感じたのは22週目くらいの妊娠6か月のときだったと思います。



食器を洗っていて「そういえばあんまりニオイが気にならなくなったな」と、ふと気づいたのです。

そうして地味につらかったつわりも終わり、
気が付けばご飯が美味しくて食欲がもりもり湧いてくるようになりました。



食べづわりのときの「気持ち悪いからとりあえず食べ続ける」から、
「お腹がすいて食べたくてしょうがない」へステップアップしました。

順調に体重が増えていったのは言うまでもありません。

つわりのときは、体も心も無理しないで


私のつわりは軽いほうでしたが、明らかに生活のパフォーマンスが落ちていきました。



その頃は「しっかりしろ」という意味で、「妊娠は病気じゃないのよ」
なんてセリフを自分の母親や人生の先輩たちからよく頂いておりました。
しかしその言葉が精神的につらかったです。

つわりはいつになったら終わるのか先が見えず苦しいし、
たいして家事も仕事もできておらず運動もまるでしていないのに
ちょこちょこ出血があったりして、ずっと不安な気持ちを抱えていました。



多くの人から「甘えている」「怠けている」って思われるかもしれませんが…
私は甘えていいと思います!怠けていいと思います!



誰かの迷惑にならないのならできるだけ心身の体調に合わせて過ごしましょう。

赤ちゃんが産まれたらもう甘えたり怠けたりするのも難しくなっちゃいますからね。



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。