赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由を考えると嫌がられない対処法がみえる★

赤ちゃんは抱っこが好きなものだと思いがちですが、抱っこを嫌がるという子もいます。

私の子どもがそうでしたが、出先で寝かせたくても寝てくれなかったり、
移動するために抱き上げたら嫌がられたり、様々な場面で困りました。



そして、我が子が大好きだから抱っこしたいと思っても、
嫌がられてショックを受けるなんてこともあります。

赤ちゃんが抱っこを嫌がるなんてことがある?
とママは悩んでしまいます。

気持ちよく、赤ちゃんに嫌がられずに抱っこができる方法はないのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

抱っこを嫌がる理由はあるの?


私の子供が抱っこを嫌がった時も『この子は抱っこが嫌いなんだわ』
と結論付けてしまっていましたが、抱っこを嫌がる理由を考えたことがありますか?

私もその時は、毎日に必死だったので考えたこともありませんでした。
しかし、今になって思うと、抱っこが嫌いな赤ちゃんっていないと思うのです。



では、赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由とはなんでしょうか。

暑い

赤ちゃんは体温調節がまだ未熟だからと、いっぱい着せなきゃといけないと思っていませんか?

赤ちゃんは大人より体温が高めなので、親が感じているよりは寒くないのです。



夏は日焼けするから、冷房がかかっているから等の理由で厚着させがちですし、
冬も暖房のかかっている部屋では要注意です。

抱っこすると余計に暑くなりますよね
ただでさえ暑いのに、更に暑くなる様なことをされては嫌がられても当たり前なのです。

抱き方が嫌

赤ちゃんにも、好みの抱き方があります。

縦抱きだったり横抱きだったり、または揺れてほしかったり
揺れ方が嫌だったりということもあります。

首がすわっていなくても、横抱きが嫌という赤ちゃんもいます。
大人も、居心地の悪い姿勢をさせられたら嫌ですよね。

怖い

基本的に背中が床に密着して寝ころんでいることが多い赤ちゃん。

抱き上げられて背中に不安を感じて怖いと思う赤ちゃんもいます。

興味のあるものから離された

何もしていないように見えても、
じっと見ることを楽しんでいたりすることもあります。

そんな時に抱き上げられたらどうでしょう。
せっかく遊んでいたのにと赤ちゃんはご立腹です。

早く下ろしてほしいと、抱っこを嫌がられてしまうのです。

イライラが伝わって

毎日育児や家事をしていたら、イライラすることもありますよね。

そんなイライラした感情のままに抱き上げると、
それが伝わってしまい赤ちゃんも居心地悪く感じてしまいます。

その結果、抱っこされる前の方がいいと思ってしまいます。

抱っこされると不快感がある

もし、オムツがたくさん濡れている時に抱っこをしてお尻を支えたとしたらどうでしょうか。
気持ちが悪いことが簡単に想像つきますよね。

抱っこされたことで、不快感に気づいたら嫌がられても納得です。


抱っこを嫌がる赤ちゃん、どうしたら抱っこが出来るようになる?


抱っこを嫌がるのにも、なにかしらの理由があるものです。
では、抱っこを嫌がられずにする方法はあるのでしょうか。

抱き方を変えてみる

縦抱きをしていたら横抱きをしてみたり、
止まっていたら歩いてみたり揺れ方を変えてみましょう。

もしかすると、その赤ちゃんが好きな抱き方がわかるかもしれません。

不快なことがないか確認してみよう

お尻が気持ち悪いのかもしれません。
オムツを替えてから抱っこしてみましょう。

他にも、お腹が空いていたり、満腹でも抱っこされると辛いかもしれません。

汗をかいていないか確認しよう

背中に手を入れて、汗をかいていないか調べてみましょう。
もし、暑かったら背中がベタッとするはずです。

汗をかいていたら、服を一枚脱がせたり薄いものに着替えたりしてみてください。

替えてからすぐはまだ暑いでしょうから、
少し時間が経ってからもう一度抱っこしてみましょう。

密着させて抱っこしてみよう

抱っこを不安に感じているかもしれません。

安心感を与えるために、頭や肩や背中を支えて体を密着させて抱っこしてみましょう。

抱っこひもなら抱っこさせてもらえるという場合は、これが理由かもしれません。

興味を向けてから抱き上げてみよう

何かしている時に抱っこされると嫌なものです。
また、興味のあるものから急に離されるのも嫌がります。

一度、話しかけて、歌を歌ったりして興味をこちらに向けてから抱き上げてみましょう。
歌など継続してできることであれば、
抱き上げてそのまま続けてあげると、より抱っこしやすいかもしれません。

笑顔で

ママが怖い顔をしていたら、赤ちゃんは悲しいし不安に思ってしまいます。

イライラすることもあると思いますが、
可愛い我が子を抱っこする時は笑顔でするようにしましょう。

イライラが伝わってしまったら、赤ちゃんだって嫌なのです。

さいごに

赤ちゃんなら好きなはずの抱っこを嫌がるなんて
と落ち込んでしまいそうになりますが、赤ちゃんなりに理由があります。

すぐに諦めてしまわず、赤ちゃんに寄り添って色々試してみてください。
そうすると、その子が好きな抱っこの仕方が見つかるかもしれません。



赤ちゃんの期間はとても短いです。
そのうち頼んでもさせてくれなくなります。

抱っこできる貴重な時間を大切に過ごしてくださいね。



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。