暴飲暴食をしてしまい疲れた体を食事でリセットした私の体験談です★

酷暑の夏が終わりようやく涼しくなってきた頃、
体にたまった疲れが出やすい時期になります。

夏の間に、冷たいものばかり飲んでいたり、
食欲がないからと簡単に済ませていると、
爽やかな時期なのに季節外れの夏バテになります。



最近では、この季節独特の疲れを「秋バテ」と言います。


秋は、食べ物が美味しい季節です。
せっかくの楽しい季節ですから、一日にも早く体をリセットして、
短い秋を楽しみたいものです。

簡単にできて、即効性もある、
そんなリセット方法を試してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

暴飲暴食で疲れたのは、市販の惣菜やお弁当で一週間を過ごしてしまったこと!




私は、この夏は、暑くて何もする気になれず、
おまけに何かと忙しい毎日が続いていました。

熱中症だけは気をつけたいと、
普段はあまり飲まない氷の入った冷たい飲み物を一日にたくさん飲んだり、
アイスクリームを食べたり、おそうめんのつゆにも氷をいれたりしていました。



ついつい、暑いことを理由に家事をさぼりがちになり、
ごはんを作るのも億劫に…

でも、お腹は空くので、スーパーのお惣菜と
コンビニのお弁当に頼りきりになった一週間がありました。

そして、案の定、胃腸に負担がかかっていると自覚。
これは、何が何でもリセットしないと、
秋の味覚を逃してしまう、と食生活を見直すことにしました。

暴飲暴食をしてしまったら、食事でゆっくりとリセットする

一度、外食やスーパーのお惣菜に慣れてしまった味覚は、
なかなか簡単には元に戻りません。

急に薄味にすると、また、濃い味付けの外の味が食べたくなってしまいます。

急がば回れの気持ちで、ゆっくりとリセットするほうが
結果的には良いように思います。



外食やスーパー、コンビニエンスストアの味は、
総じて味が濃いのですが、基本は塩味だと思います。

家で同じような味にしようとすると、
かなりの量の塩を入れないと同じにならないことがあります。

そこで、少しずつ、薄味になれるために、
塩けのある食事を控えるようにします。



たとえば、ごはんとお味噌汁とお漬物、鮭の塩焼きは
定番の日本の朝ごはんですが、
お味噌汁も、お漬物も、塩焼きも、塩味です。

バランスはいいのですが、ここは一品、減らします。
ずっと続けるわけではなくて、
味覚をフラットにするための制限と割り切ります。



では、卵がけご飯で食べたいとき、これも醤油を使うので、
その場合は、塩を少しだけ入れるたまご焼きにします。

洋食の場合、トマトソースのパスタとサラダ、普段ならすてきなランチです。
でも、サラダにはドレッシングはかけません。塩もかけません。

つまり、いつもの食卓から、
一品だけ塩味のついたものを減らします
一日だけでもかなり効果的です。

暴飲暴食のリセットは朝食から。

和食よりも洋食のほうが塩味を控えやすいかもしれません。
朝がパンの場合、チーズトーストやバターを使う方はジャムにします。
ソーセージも味が濃いので、ハムに。

サラダは市販のドレッシングは控えて、レモンか塩を少しだけ!



暴飲暴食のリセットにスープはおすすめです。


このスープは、
風邪の時などにもおすすめのスープです。
比較的簡単に作れます。



用意するのは、
鶏肉、できれば骨付きのもの。
にんじん。
じゃがいも。
たまねぎ。



にんじんとじゃがいもの皮はむきます。
じゃがいもは、数分、水にさらします。
にんじんとじゃがいもはカットせずに
丸ごとお鍋に入れます。
たまねぎは、八等分にします。

じゃがいも以外の材料をお鍋にいれて、水をたっぷり入れます。
火にかけて、沸騰したら、アクを数回取り除きます。



弱火にして、
コトコト一時間ぐらい煮ます。
じゃがいもを入れて、
やわらかくなるまで煮ます。

味付けの塩ですが、一度入れると元に戻せないので、
ゆっくりゆっくり味を見ながら少しずつ入れていきます。

塩は、食塩でももちろんいいのですが、
あれば岩塩にすると、とても美味しく仕上がります。

胡椒を少し足してください。



体に浸みいるおいしいスープです。
このスープは、味覚の乱れはもちろんのこと、
体の疲れも取ってくれます。

風邪などで力をつけたいときは、
にんにくを一緒に入れて煮てもおいしくなります。
お好きな人は、セロリを入れても。

残ったら、カレーにできますよ。

フルーツを食べると暴飲暴食のリセットになる。


何の味付けもいらないのがフルーツです。
特に秋のフルーツは、おいしいものがたくさんあるので、おすすめです。

夜に、パンとフルーツとチーズを少しだけ食べてみました。
栄養のことは考えません。
このさい、ダイエットのことも忘れましょう。



体から、塩を抜いて行く感じ、というと大げさかもしれませんが、
すっきりします。

さいごに

暴飲暴食の季節は、
夏だけではありませんよね。

これから、年末にかけて、
いろいろと食べたり飲んだりすることが多くなります。

人によって、何を暴飲暴食というのかは違います。
でも、少し体が重いな、だるいな、と思ったら、
食事を見直してみるのも悪くありません。



経験したことですが、暴飲暴食のすぐあとに、おかゆを食べたことがあります。
だけど、すぐにまたおいしい味付けが恋しくなりました。

もちろん、体にいいのでこの方法が一番ですが、
一日だけ、塩をゆっくり減らす日を作ると、
暴飲暴食のリバウンドはなくなりました。



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。