沖縄旅行で日焼けすることは火傷することなので対策は入念に!

プライド:レスポンシブ

沖縄って響き自体が素敵ですね。だから人気の旅行先になっているんですね☆
美味しい食べ物に、透き通るような海に、飲んだり踊ったりできる場所もあったりと、沖縄はとても魅力あふれる場所です。

しかし、女性のあなたにとって、気がかりなことがあります。
もちろん男性でも危ないのが、そう、日焼けです。



沖縄旅行をするにあたって、必ず忘れてはいけないのが日焼け対策なんです。
これを怠ると、とんでもないことになります。

沖縄での日焼けについて詳しく見ていきましょう。
暖かくなってから沖縄旅行をする人必見です。

沖縄で日焼けすることは火傷することとイコールです!


日焼けしている人を見ると、健康的なイメージをもつ人は多いかもしれません。
昔は「小麦色の肌」がもてはやされたこともありました。

しかし、沖縄で日焼けをすることは、そんな健康イメージとは、ほど遠い世界です。
真っ赤になってしまい、もはや日焼けではなく火傷です。



沖縄で日焼けをするとどういった状態になるのでしょうか?
痛くて寝れなかったり、水膨れになり破裂して皮も剥けてしまい、熱が出ることすらあります。皮膚がまだら模様になってしまうこともあります。

状態によっては、病院に行く人もいます。



地元の人はよくわかっているので、肌を極力出さないようにしています。

実は、沖縄の気温はさほど高くありません。
気を付けないといけないのは紫外線なのです。
気温だけを見て、日焼け対策をしないでいると大変なことになりますから。



紫外線をたくさん浴びる弊害は今では常識ですね。
シミやしわ、皮膚がんや薄毛の原因にもなりますから。

そう聞くと、女性だけの問題ではありませんよね。

沖縄旅行したときの日焼け対策とは?


日ごろ日焼けをあまり気にしない人も、性別に関係なく沖縄に旅行したときは必ず日焼け対策が必要になります。基本の日焼け対策について確認してください。

日焼け止めをぬろう

まず、日焼け止めは必ずぬりましょう。
日焼け止めなしでは、間違いなく火傷となります。



ウォータープルーフの日焼け止めが一番いいですね。
しかし、これも落ちにくいというだけのことなので、一度ぬれば大丈夫ということではありません。こまめな塗り直しが必要です。
耳や首の後ろなどは忘れがちです。
肌が出ている個所は全てに塗りましょう。
忘れたところだけ焼けてしまいます。

帽子をかぶろう

薄毛対策でもあります。
ツバが広いものほどいいですよ。



熱中症予防にもなりますよね。
帽子は、色々なことから身を守ってくれますよ。

サングラスをかけよう

紫外線は目にもよくありません。
白内障や緑内障の原因になります。

普段はオシャレでかけることが多いかもしれませんが、沖縄では目を守るための大事なアイテムです。

沖縄旅行では室内でも注意が必要です!

盲点なのが、室内です。



部屋の中にいたら、日焼けなんてするわけがないと思う人はいるかもしれませんが、実は紫外線はガラスも通してしまいます。室内でも日焼けをしてしまうのです。

車の中では紫外線をカットできるカーテンがあるとベストです。

沖縄の海では必ずラッシュガードを身に付ける

海に行くには、朝方か夕方が一番紫外線が少なくていいですよ。
10時~14時頃は、紫外線がとても強い時間帯です。



そして、ラッシュガードを必ず着るようにしましょう。
最近では近場のプールに行ってもラッシュガードの人がほとんどですよね。
沖縄の海ではラッシュガードが身を守る必須アイテムになります。



せっかくの沖縄の海なのに可愛い水着が披露できずに残念ですが、肌を守ることの方が大切です!海に入ったら日焼け止めを塗り直すのを忘れないでください。


沖縄旅行では子どもの日焼け対策こそ重要です!


沖縄旅行では子どもの日焼け対策こそ万全にしてください。
子どもに火傷なんてさせたくありませんからね。子どもは、大人より気を付けなければなりません。



それはどうしてでしょうか?
子どもは肌が弱いので、日焼けによる炎症が大人より重症化する恐れがあります。
しっかりとした対策が必要です。



まず日焼け止めです。
子どもは肌が弱いので、あまり強い日焼け止めは気になっちゃいますよね。
かと言って、沖縄で日焼け止めを塗らないという選択肢はあり得ません。

なるべく、肌に優しいものを使いましょう。
SPF30程度であれば、ぬっても大丈夫ではないかと思います。
水で落としやすいものを使う方が、肌には負担がなくていいですよ。

ただし、ぬり直しは頻繁にする必要があります。
子どもは敏感肌ですから、あらかじめパッチテストをして使用しても大丈夫か確認しましょうね。



ほかに子ども用の帽子やサングラスやラッシュガードの準備も忘れてはいけません。
基本的には、大人の対策と同じです。

サングラスは子ども用も売られているので、探してみてください。



赤ちゃんの場合は、ベビーカーの幌を下げたり、抱っこひもをしている時は、日傘をさすようにしましょう。その時、飛び出てしまう手足に気を付けてください。
足は、レッグウォーマーや靴下を履かせていると安心ですよ。



日焼け対策のほか、子どもは特に熱中症にも気を付けてあげてください。
背が低いので、地面からの反射によって大人よりも暑さを感じます。
こまめに水分を摂らせて、店内など日の当たらないところでの休憩もしていきましょう。

さいごに

沖縄の日焼けは甘く見たら危ないのですが、きちんと対策をしていけば問題はありません。

日焼け止め、帽子、サングラス、日よけカーテン、日傘、ラッシュガード等、しっかり準備をしましょうね。日焼け止めはこまめに塗りなおしてくださいね。



日焼け止めは塗る個所が多いことも踏まえて、多めに持参しましょう。
現地でも購入できますが、購入場所を探すタイムロスはイライラの元ですから。

3泊とか4泊の長期の沖縄旅行なら日焼け対策を万全にしないと途中から何にも楽しめなくなりますよ。痛くて、辛くて・・
楽しい沖縄旅行を満喫してくださいね。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク