梅干しダイエットの効果がやばい!運動せずにレンジでチンするだけ?

プライド:レスポンシブ

梅干しは、昔から保存食としてだけでなく、病気を治したり傷を消毒したりと、
健康食品としても色々と重宝されてきた日本の伝統食品ですね。



今では「1日1個の梅干しで疲れ知らず」と言われるほど疲労回復、血圧改善、
アンチエイジングなど梅干しは健康をもたらす特効薬として知られています。

梅干しが現代のように一般庶民の口に入るようになったのは江戸時代からですが、
歴史はもっと古く中国から伝わった梅が平安時代には既に薬として扱われていたそうです。



現在でも風邪をひいたり熱を出した時には梅干しを入れたお粥を食べる
という方が多いのではないでしょうか?


この効果バツグンの梅干しですが、更に熱を加えることによって、
一気にダイエット効果が上がると雑誌やTV番組などで発表されました。



注目を浴びたのは「焼き梅干しダイエット」ですが、
フライパンや火を使わずにレンジでもっと簡単に作ることができます。


レンジでチンする「簡単梅干しダイエット」の方法をご紹介します。

焼き梅干しじゃなくても大丈夫!レンジでチンするだけの梅干しダイエット!


「梅干しダイエット」は普段の食事はそのままで運動などもすることなく
1日3個、温めた梅干しを食べるだけというとても簡単なダイエット法です。



この「梅干しダイエット」を考案されたのは梅研究の第一人者でもある和歌山高専の奥野准教授です。奥野准教授が和歌山で疫学的調査をしたところ、毎日、梅干しを3個食べる人と食べない人とでは、肥満指数(BMI)が格段に異なることが明らかになりました。



梅干しのダイエット効果には、梅干しに含まれる「バニリン」という成分が関係しています。
「バニリン」は梅干しだけに含まれる成分で、梅干し以外の食品からは摂取することができません。



人間の脂肪細胞は、実は生まれた時から変化することがないため、
この脂肪細胞の大きさを縮小させることで体重が減少していきます。

「バニリン」は小腸から吸収され脂肪細胞を刺激します。
この刺激作用によって脂肪が燃焼し縮小されるのです。



ここまでで梅干しを食べると脂肪が燃焼することはお分かりいただけたと思いますが、
ご存知のとおり梅干しはとても「塩分」が高い食品ですので、多く摂りすぎては
塩分過多になってしまいます。

ですので、1日に梅干しを食べるのは成人男性で3個までが適量です。
そこで考えられたのがこの脂肪燃焼作用のある「バニリン」の量を拡大する方法です。



「塩分」を増やさず「バニリン」の量を増やすには梅干しに熱を加えると良いと言われています。
テレビや雑誌ではフライパンを使って加熱する方法が紹介されましたがもっとお手軽な方法として、ラップをかけて500Wで1分間レンジで温めるだけで「バニリン」の量が20%増えることが分かりました。

1分間レンジで温めても梅干しの味が特別変化することはありません。
また一度温めた梅干しは冷蔵庫で冷やしても「バニリン」がなくなることはありません。



梅干しダイエットの効果は⁈メリットデメリットも知りたい!


では続いて、実際「梅干しダイエット」をした方の効果口コミをご紹介していきましょう。
「梅干しダイエット」は体質の改善から脂肪細胞に働きかける方法ですので、
急激な変化は求められないのではと思われがちですが、しっかりと容量を守って
食事した方は毎日の食事量はそのままで、朝晩1粒ずつ梅干しを食べただけで
1ヶ月で5kg痩せた!

朝だけレンジでチンした梅干しを食べてたら1週間で2kg減った!
など効果がてきめんです。

なお、梅干しにはダイエット効果だけでなく、血糖値を抑え血液をサラサラにして全身の代謝を促す効果があります。
代謝が良くなることで便秘や肩こり、腰痛不眠、頭痛などが解消されます。



しかし、先ほどもお話したように塩分の摂りすぎは、手足のむくみや高血圧の原因になります。

梅干しは、1日3粒まで!
普段の食事も塩分過多が心配な方は減塩梅干しを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

レンジでチンだけの梅干しダイエットいかがですか?

運動や食事を気にすることなく温めた梅干しを食べるだけですのでとっても簡単ですよね。
ハードなダイエットがなかなか続かなかったという方にもこれなら気軽にオススメすることができます!

まずは今日から1週間試してみてはいかがですか?



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク