共働きが楽しい家事分担の実態を大公開♪掃除も洗濯も料理も当たり前

プライド:レスポンシブ

ある時、『日本における共働き夫婦の割合ってどれくらいなんだろう?』と何となく思い、ネットサーフィンをしてみたところ、“男女共同参画局(だんじょきょうどうさんかくきょく)”という、内閣府に置かれた部局のホームページに行き着きました!

この部局が毎年統計をとり発表するデータによれば、97年以降、共働き世帯の数が、専業主婦(主夫)の居る世帯を上回り、以降も多少の増減はありながらも年々増加傾向にあることがわかりました!

さて肝心の割合なのですが、2015年度のもので、調査した全1800万世帯中、共働き世帯は1114万戸、残る専業主婦(主夫)世帯は687万戸と、実に共働き世帯が全体の6割強!
専業主婦(主夫)世帯はわずか3割弱という数値を叩き出しておりました!

そして何より興味深かったのは、この2015年度の数値というのが、ほぼほぼ1980年度(昭和55年)の数値と真逆の結果で!

1980年当時の「全体の6割」に当たっていた世帯というのが、現在とは反対である「専業主婦(主夫)世帯」、「残る3割弱」に当たっていたのが、「共働き世帯」だったのでした!


(へぇ~、35年も経てば、時代は確実に変わるものなのね~!)と、現在の「6割強」に分類される我が家の形態についても、「何気に現代風だったのねぇ!」と、思いを新たにもできたのでした♪

さてさて、そこで!
そんな時流に乗っている?共働き世帯である我が家の家事分担の実態を大公開致します♪

何か少しでも、あなたのご家庭へのヒントが見つかれば幸いです♪

家事分担を語る前に、我が家の家族構成から公開スタート!


我が家の構成員をご紹介します!

私・32才♪
在宅でライターとして文章の執筆をしながら、家事育児も担うスーパー?主婦でもあります♪

夫・43才。
近所の倉庫街で荷物の仕分けをするお仕事をしています!

そして、子どもたちが…なんと4人。。。。
長女→小学4年生!
長男→幼稚園児5才!
次男→幼稚園児3才!
三男→生まれたての9カ月!

以上!
6人という大家族でありながらも実は「核家族」であるという、ちょっぴり変わったパターンかもしれませんが、これからそんな我が家の実情を公開して参ります♪

家事分担のその前に!~3.11とわたしたち~


我が家の家事分担の実態を綴ってゆく前に、まずは我が家が今現在の生活形態へと落ち着いた過程を、簡単にですがご紹介させていただきまっす。

我が家は兵庫県のとある賃貸マンションで、しかも6畳+6畳の1DKという間取りの家に、家族6人、肩を寄せ合うどころか押し合いへし合いしながら暮らしております!

そのわけとは、2011年に起こった「東日本大震災」の影響です。


当時、我が夫婦は東京は世田谷に住んでおり、一番上の長女は2才。
まだ3人家族だったわたしたちは、自然の多い世田谷区でのんびり暮らしておりました。あの日までは。

2011年3月11日、ご存知の通り、未曽有の大震災と原発事故が起こり、生活は一変しました。

あの当時、小さい子どもが居る家庭では、子どもたちと母親とがとにかく関東圏を離れようと、遠方に実家がある人は実家に子連れ帰省をしたり、融通の利く家庭では一家で海外に移住したりなど、とにかく放射能汚染を恐れての移動や転居が相次ぎ、我が家もこの事が大きな転機となって、関西へ移住を決意したのでした。

その際に夫は、永年従事していた「斫り工(はつりこう)」という職を捨て、今現在お世話になっている倉庫内作業のお仕事へと転職をしたのでした。ちなみにですが、お給料面ではかな~~~り下がってしまいました!(涙)

しかしながら♪「命あること」よりもお高いものなど、他には何もありません!
我が家では今日も、家族全員で夕食に納豆をいただきながら、皆で元気に笑っております!

突然母ちゃんがライターデビュー?!共働く日は突然に…。


2011年8月に兵庫県へ移住して以降、何とかかんとか夫一人の収入にて持ちこたえていた我が家でしたが、4人目の出産後、急に動き出したくなってきた私!

在宅での新しい働き方を提案してくれているアプリをダウンロードしたことがきっかけで、自宅にパソコンを引き、2017年9月よりライターとしてのお仕事を開始致しました!

それまでは立派な?専業主婦としておおかたの家事を担ってはいましたが、なにぶん子どもの数が多いことと私が何事もトロイという性格なため(笑)、共働きとなる以前から夫は色々な家事を手伝ってくれてはいました◎

例えば夫は日曜だけが唯一のお休みの日なのですが、土日の夕飯後のお皿洗いや、日曜の洗濯(回す・干す・畳むすべて)などなど。。
他にも、ほとんどの日は帰宅後夫が子どもたちをお風呂に入れてくれたり、夕飯後の歯磨きを担当してくれたりもしていました!

そして時たま、気が向いた日には夕飯を手作りしてくれたり、日曜の昼間は子どもたちをどこかに遊びに連れて行ったりもしてくれていました♪


さてさて!
それが私のライターデビュー後にはどう変化したのかというと!

まずは、買い物を頼む頻度が格段に増えました!
夫は大型のバイクに乗って通勤しているので、ママチャリしか保持しておらず常に子連れでしか行動できない私よりも効率的に動けます◎

ですので、『ちょっと刻みネギを買い忘れた!』だとか、『明日娘は遠足でお弁当らしい!』などというような時、電話一本で買い物をお願いする…という流れになってきました!

もちろん家計を預かる主婦として、買い物をするスーパーや品物、値段の範囲などは細かく指定するのですが…(笑)

また私の場合、ネットスーパーや産直の宅配を利用することよりも馴染みのスーパーのポイントが溜まる方が好きなので、手間なのですが敢えて、家庭の買い物は夫婦でこまめにするようにしています◎


他にも変わったことといえば、夫が夕飯を作ってくれる日が圧倒的に増えました!
これは別にとりたてて頼んだ覚えはないのですが、有難いことに夫は自主的に手伝ってくれているようで♡

たまに…というよりしょっちゅう私がどうしても家事に遅れて取り掛かっていたり、夫の帰宅時にもまだパソコンの前で執筆に取り組んでいたりすると、夫は『今日(夕飯)作ろうか?』と気を回してくれるのです!

夫お手製の夕飯メニューはチャーハンや生姜焼きといった男っぽいものから、煮込みハンバーグや餃子(手作りです!)などという手間のかかるものまで幅広く、本当に頭が下がっている次第で・・

何より、そんな父ちゃんの男飯を子どもたちが一段と喜んでくれるところが、夫婦としても嬉しい限りです♪
そんな時、私はというと、大慌てで洗濯物を片付けつつ、夫が煮炊きする音を聴ける幸せを、秘かに噛みしめたりもしています♪



家事分担で掃除は完全に担当制!「できること」と「やりたいこと」で分担


続いては「お掃除」について♪
特に小さいお子さんやペットがおられるご家庭では、衛生面など、何かと気を遣われる場面が多いかと思います!


我が家の掃除事情ですが、お掃除においては、掃除をすることが特に苦とは感じない私が自宅の掃除のほとんどを担っており、加えて季節ごとの衣替えや、昨今大ブームとなっている「断捨離」や整理整頓なども、私が進んで担当しております♪この点については、共働きとなる前も後にも変わった点はありません!

その理由とは、上記の通り、お掃除自体を私が嫌いではないということ。
そして、世の奥様方ならばご理解下さるかと思うのですが、やはり自宅の基本的なアレやコレは女である自分が掌握していたいのです…!
こんな時だけ「女」を使うなよという感じなのですがっ。(汗)

もしも夫が衣替えや整理整頓をしてくれたとしてもそれはそれで助かるのだろうとは思うのですが、やはりいざ物を使いたいとなった時にそれらを用意したり使用して作業するのは自分でしょうし、やはり自宅は(キッチンだけとは言わず)「女の城」であるべきだと思うのです!

また、我が家は夫婦ともに「喘息」というアレルギーがあり、プラス長女も「小児喘息」の治療をしているという、それなりにお掃除をすることが不可欠な家庭でもあるため、意識的に適度なお掃除を心掛けざるを得ないのです!
実際問題とても大変なことなのですが、お掃除は風水的にも精神的にも良いことだと心得、前向きに取り組んでおります♪


そんなお掃除の中でも、夫にお任せしている事柄がいくつかあります!

それは、「風呂の壁や天井のカビとり」、「エアコンのフィルター掃除」、「加湿器のフィルター掃除」、「照明器具の電球や蛍光灯替え」、「照明器具のホコリとり」。

これらのほとんどが、“高い場所”での作業であることがおわかりになりますでしょうか…?
ハイ、私は“チビ”なのです(笑)♪

ですので、物理的にお掃除が厳しい箇所は夫に頼み、どうしても自分の好みや美意識を反映させていたい箇所には、自分で好きなだけ情熱を傾けるようにしております♡

家事分担といえども休日の家事は愉しくおおらかに♪


我が家は夫のお休みである日曜日に、なるたけ家族みんなで過ごす時間を確保できるよう、家族全体のスケジュールを組むようにしております♪

そんな日曜にも料理に洗濯、お掃除を休めたりはしないのですが、最低限の家事だけを選択してそれらをササッと終えられるよう、心掛けています◎


例えば前述しましたように、日曜には夫が洗濯を担当してくれますので、私はたいてい、おトイレ掃除や風呂掃除を午前中にササッと終わらせます。
そして午後からは、夫は趣味の日曜大工に精を出したり、私も好きな洋菓子作りや裁縫、読書を愉しむ時間としています♪

たまに夫婦のどちらかが子どもたちを連れて外出したり、ごくごくたまには家族みんなで外出や外食にも行きますが、ほとんどの場合は、家族みんなで「お家時間」を愉しんでいます♪

何よりそれが、週に一度しかお休みがない夫の身体を充分に休ませてあげたいという家族からの配慮でもあり、同様に私や子どもたちの身体も休ませたいので、せっかくの日曜なのですが、我が家はインドアに過ごすことがどうしても多いのです。


そんな引きこもり?な日曜を過ごす我が家ながら、テレビは見てもテレビゲームは買ってはいないため、意外と「百人一首」や「トランプ」などの文化的なゲームをして遊んだり、夫と子どもたちが突然にホットケーキやたこ焼きを作り始めたりなど、何気にほっこりとした可愛らしい過ごし方ができています(笑)♪
どこにも出掛けなかったりと、華やかさには欠けてはいますが、母として妻としても、私はそんな暮らしに大満足しています♪

こんな家庭は我が家だけ?!~イレギュラー編~


共働き我が家の家事分担の実態を明らかにして参りましたが、ちょっとここだけは他のご家庭とは違うかな…?と思われる点も正直に白状しておきます。

先ほど、我が夫婦と長女に喘息があるとお伝えしましたが、そんな長女の喘息治療の通院やその他の子どもたちの歯医者などは、我が家では母親である私ではなく夫が担当してくれております!

実は私、何を隠そう大の「病院嫌い」で(涙)

病院に漂う、あの独特の薬の臭いと言いますか…あの潔癖すぎる感じがどうも苦手で(涙)
幼い頃、小児喘息でしょっちゅう入院していたからかも。私の実母は看護師さんなのですが(笑)、どうしてもいまだに好きにはなれずに、大変恥ずかしいことながら、病院関連の用事は全て夫にお任せ致しております。。。


そして最後に暴露いたしますが、ゴミの日の朝のゴミ捨ても、ここ数年来は完全に夫にお願いしているという、どんだけ~な私なのでした!(恥)
あなたも家事も仕事もほどほどに、人生をとことん楽しんで参りましょうね!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク