仙台の青葉祭りの見どころとスケジュール!青葉城恋唄の地に訪れたい!

宮城県仙台市で毎年行われている「仙台青葉祭り」♪
それは5月の新緑がとても美しい気候の良い季節に開催されます。



「仙台青葉祭り」は「仙台七夕祭り」や「SENDAI 光のページェント」とともに
仙台の3大祭りの一つといわれている盛大なお祭りです。

お祭りは毎年5月の第三日曜日とその前日の2日間にわたって行われ、
武者行列やすずめ踊りなどの壮大なパレードで仙台の街は大盛り上がり!
今回はそんな青葉祭りの見どころやスケジュール、さらに仙台の観光に関する情報やおすすめのホテルなどご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仙台青葉祭りの開催概要

お祭りを楽しむ前に、「仙台青葉祭り」の起源やこれまでの経緯など、知っておくと良いかと思いますので少しだけご紹介しますね。


起源は、江戸時代・仙台藩最大の祭りの仙台祭。
明暦元年(1655年)に始まったこのお祭りは、藩をあげて行われた盛大なお祭りでした。そして、このお祭りは明治7年にできた伊達政宗公を祀る青葉神社の礼祭に変わり、政宗公の命日である5月24日に執り行われるようになり、「青葉祭り」とも呼ばれ盛大に行われていました。特に、政宗公没後250年祭、300年祭はとても盛大に行われていたようです。



しかし、昭和40年代後半には交通事情等により途絶えてしまいました。
ところが、政宗公没後350年を迎えた昭和60年に、長年途絶えていた「青葉祭り」を“市民がつくる市民のまつり”として政宗の命日に行われる青葉神社例祭と分離して復活しました。
第27回は東日本大震災のため中止されましたが、昭和60年の第1回のお祭り以降、仙台市民はもちろん、多くの人々に愛されるお祭りとして定着しています。
そして気になる仙台青葉祭りの日程ですが、本まつりが5月の第三日曜日で、宵まつりがその前日の土曜日になります。

それではお祭りの見どころをご紹介していきます!



本まつりの見どころは「時代絵巻巡行」です。
山鉾と武者行列など、大通りを練り歩く大迫力のパレードが繰り広げられ、人々の歓声で盛り上がります。



そして「すずめ踊り」は宵まつり、本まつりの両日に演舞があり、お囃子に合わせて飛び跳ねる様子が、まるで雀のようなこともありそのように呼ばれているようです。すずめ踊りに参加する人数は約4000人!年々増加しているそうですよ。



そして「伊達縁(だてえん)」、こちらも両日に勾当台公園で行われていて、伝統工芸を披露している屋台や、時代衣装の着付け体験、突如始まる戦国時代の武将の殺陣演武など、江戸時代の街並みが再現されたその様子は、まるでタイムスリップしたような感覚になるそうですよ。





「伊達縁」と同じく勾当台公園と市民広場では「社の市」が開催されます。美食家だった伊達政宗にちなんで、美味しいものが大集合!
焼きそばなどのお祭りの定番はもちろん、牛タン、もつ煮、米沢牛のお弁当など東北のグルメが大集結します。これは見逃せないですね!



日本を代表する名曲『青葉城恋唄』です。音に注意してくださいね。

仙台のおすすめホテル&観光地ランキング

これまでご紹介したように青葉祭りを楽しむにはやはり宵まつり、本まつりの両日楽しみたいですよね。それにはやはり泊りで参加したいものです。
そこでおすすめのホテル、そしてその他の観光地も合わせてご紹介したいと思います。

江陽グランドホテル



リッチモンドホテルプレミア仙台駅前



天然温泉 萩の湯 ドーミーイン仙台駅前

どれもお祭りにすぐに行けますし、露天風呂があるホテルもありお祭りで思いっきり楽しんでもリラックスできそうです。



そして観光スポットのランキングです。
調べたところ、上位にあがっているのは・・・


などです。

自然や動物に触れあったりできるところもあり、お酒好きな方にはウイスキーの工場がピッタリでは?仙台は大人だけでも、家族でも楽しめるスポットが盛りだくさんですね。

まとめ

いかがでしたか?

青葉祭りの歴史を知ることで、このお祭りのことがよりわかったのではないでしょうか。



青葉の美しい季節に行われるお祭りだから「青葉祭り」・・じゃないこと、一度は途絶えたお祭りが、仙台を愛する人々によって復活されたことなどから、お祭りに対する愛情をひしひしと感じられました。

そんな「仙台青葉祭り」に一度は訪れてみたいですよね。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。