子なし夫婦の楽しみや生きがいって?子供のいない休日の過ごしかた!

プライド:レスポンシブ

我が家は結婚して15年以上が過ぎる、子なし夫婦です。
そのため、私たち夫婦にとっては、子供がいないのは「日常」です。


ところが、子供がいるかたがたにとっては、やはり少し特殊に見えるようです。
未だに「子供がいないと寂しそう。休日が退屈そう」といわれます。

確かに子供がいないことを寂しく思うことはあります。
でも、子なし夫婦でも、それほど気にならないくらい、休日は充実しています。
同じような状況で、寂しくても楽しく毎日を過ごされている子なし夫婦も少なくありません。
そこで我が家の休日について少し紹介してみたいと思います。

夫婦で一緒に趣味を楽しむ

もともと私たち夫婦には、結婚当初は、それほど、共通の趣味がありませんでした。そのため、よく休日に、「何をする?」という話題になったものです。

しかし年月を重ねるうちに、少しずつ共通で楽しめる趣味ができました。現在は、以下のような趣味を楽しんでいます。

音楽

音楽は人によって好きなジャンルが違うものですが、我が家は同じです。
そこで、夏場は野外の音楽フェスに二人で出かけています。

もちろん、野外だけでなく、ライブハウスに行くこともあります。
楽しい時間を共有できれば、あとから思い出話をすることもできます。
音楽を聞きながらのんびり過ごす時間は、とても素敵です。

食べ歩き

地元だけでも、新しい飲食店は、どんどん増えていきます。
そこで、自分たちの好みに合ったお店を探すのも楽しいものです。

また、地元だけでなく、近隣の土地でおいしい店を探索するのもおすすめです。
お店までの移動時間も含めれば、これだけで結構な時間を費やすことができます。

ドライブ

特に予定がないときは、片道1~2時間程度のドライブはいかがでしょうか。
我が家では、春は桜の名所、夏は海、秋は紅葉と、季節に合わせ様々な場所に足を運びます。

そして、日用品などの買い物は、そのドライブ中に済ませることも珍しくありません。
普段と違う場所での買い物は、少しだけ非日常を楽しめるのでおすすめです。



趣味といっても、いずれも、特に変わったものではありません。
野外フェス、食べ歩き、ドライブ…ちょっとしたことを二人で楽しむという程度です。
それでも、休日を夫婦で楽しむことができます。

動物との生活を楽しむ


子なし夫婦で、もしも寂しいと感じるなら、動物と生活してみてはいかがでしょうか。
我が家では結婚当初から、ずっと犬を飼っています。

犬や猫がいると、それほど寂しいと感じる暇もありません。
世話は大変ですが、家の中は賑やかです。
特に我が家の愛犬は、いたずら好きでやんちゃな性格で、見ていて飽きません。

動物を飼っている夫婦では、様子を報告しあうことから会話も尽きません。
夫婦間のコミュニケーションをとるためにも、動物との生活はおすすめです。

なお、住環境によっては、犬や猫を飼うのは難しいかもしれません。
アパートなどの場合は、ペットの飼育が可能かどうかは契約書で確認できます。
ペット不可物件でも、交渉次第で可能になりやすいのが「金魚」です。
ただし、水槽に入れるモーターの音などは、予想以上に響くことがあります。
そのため、ペット不可の物件で金魚を飼う場合、防音や防振対策をおすすめします。

最近では、
・鳴き声などが気にならない
・抜け毛がない
・臭いがしない
という理由から、へびやトカゲなどの爬虫類も人気があるようです。

実際にへびやトカゲを触ったことが何度かあります。
確かに、爬虫類は鳴かず、毛もなく、臭いもありません。
小さめの個体なら、爬虫類を飼うのも個性的で楽しそうですね。


時間に制限なく楽しめる


子なし夫婦にも、当然ながら、メリットがあります。
その中の1つが、時間の自由がききやすいということではないでしょうか。
我が家の場合は、犬の世話を家族やペットホテルに頼めば、あとは比較的自由です。
・朝早くから夜遅くまでかけて、ゆっくり小旅行をする
・夫婦で飲みに出かける
・温泉やスパで、のんびり過ごす
・独身の友人たちと遊びに出掛ける
・オールナイトで映画を見る

こういった外出も、夫婦だけなら、突発的に計画して楽しむことができます。
もちろん、これらは、子供がいるからできない、ということではありません。
しかし、小さな子供がいると、全く時間を気にしない、というのは難しいですよね。
夫婦だけなら、帰宅時間は気にする必要はありません。

まとめ

子供の存在は、とても素晴らしいものです。
でも、世の中には、様々な事情で子供のいない夫婦も、たくさんいます。

そして、子供がいなくても、夫婦で楽しく休日を過ごすことは可能です。
趣味や休日の過ごしかたは、人それぞれです。

そのため、結婚してすぐのころは、なかなか共通の楽しみは見つからないかもしれません。
休日を一緒に楽しむ方法を二人で探していくのもまた、楽しいものです。
夫婦で楽しむ休日、ぜひいろいろ試してみてはいかがでしょうか。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク