専業主婦は暇じゃないのに楽だと思われる!孤独でお金ないし悩みだらけ!

プライド:レスポンシブ

子育てをしているお母さんの中には、働いている人と働いていない専業主婦の人がいます。

働いている人からすると、専業主婦というのは「ずっと家にいるから家事や育児がゆっくりできる」「楽でいい」というイメージがあるかもしれません。



しかし、働いている人には働いている人の大変さや苦労があるのと同じように、専業主婦だからこそ大変な思いをしたり、悩むことだってあるのです。

専業主婦の悩みとはどういったことがあるのでしょうか。

専業主婦に憧れている人や、これから専業主婦になるという方必見です。

専業主婦の悩みとは?


楽ばかりしているわけではない専業主婦の悩みあるあるをご紹介しましょう。

専業主婦は暇だと思われやすい

多くの人が誤解しているのが、「専業主婦は暇」ということではないでしょうか。

そう、誤解なのです。
もちろん、まだ子供がいないという方や、子どもが独立したという方は別です。
子育て真っ只中にいる専業主婦は暇なわけがないのです。



まず、おかれている状況や環境は人それぞれ違いますよね。
子どもの性格にもよります。
住んでいるところだって違います。

一概に、専業主婦は楽というわけではないことを知ってほしいと思います。



毎日毎日、子どもと1日中一緒ということはとても大変なことです。

専業主婦なら、ゆっくり家事ができる?
とんでもない話ですよね。

確かに、お仕事をされていたら家事をする時間は取れないかもしれません。
でも、専業主婦だって一緒なのです。
家事の合間に子供に呼ばれたりお世話をしてなかなか家事が進まないのですから。

大きくなっても長期休暇がありますからね。
専業主婦だって、自由はないのです。

専業主婦業にやりがいを感じない

お仕事をされていたら、必ず報酬がありますよね。
もしかしたら、感謝されることもあるかもしれません。



ところが、専業主婦にはそれらがありません。

ご主人によると、感謝の言葉があるというご家庭もあるかもしれません。
しかし、少数派ではないかと思います。



専業主婦なのだから、やって当たり前と思われがちなところがあります。
努力しても気づいてもらえない。

専業主婦というのは、やりがいを感じることができない寂しい仕事だと思う人は多いようです。

パパが非協力的

どうしても、専業主婦は働いているとみなされないところがあります。
専業主婦は家のことをするものだと考えられているため、パパのお休みの日でもママは家のことをしなければいけません。

同じように日ごろ働いているのだから、家にいる時は協力してほしいと思うのですが、なかなか理解が得られず、パパがお休みの日ほどイライラしてしまうなんて人もいます。

専業主婦はお金が使えない

専業主婦は収入を得ることが出来ません。
ですから、なにかを買う時も気兼ねしてしまうママもいます。

自分のことはもちろん、子どものものですら堂々と買えません。



私も、お昼ごはんの外食や子どもの服、数百円のものですら、連絡をして買っていいか聞いています。どうしても勝手には買えないと思ってしまうのです。

女性でありながら、自分にお金をかけることが出来ず、出歩くのが嫌になってしまう人もいます。常識の範囲内で、気にせず買いたいものです。

専業主婦の孤独感

働いていると、家の中と職場の2つの世界が存在します。

ですが、専業主婦は家のみです。
どうしても世界が狭くなりやすいのです。

一人で家事や育児をする毎日に、孤独感を感じることもあります。

もちろん離婚問題と無縁ではない

夫婦仲良く暮らせることがもちろん最良なのですが、離婚という可能性もありますよね。



長い期間専業主婦をしていると、再就職は可能かどうかと悩んだり、お金の蓄えがなかったりします。そのために、中には離婚をしたくてもためらっているという人もいます。

専業主婦は、もしも離婚なんてことになったら、自分の生活ですらたちまち困ってしまうのです。


専業主婦の悩み解決方法とは


専業主婦にもある様々な悩み、解決する方法はあるのでしょうか。

自分を褒める

専業主婦は誰にも褒めてもらえないことが多いですよね。
誰からも褒めてもらえないのであれば、自分で自分を褒めちゃいましょう。

「抱っこしながら掃除した私すごーい」
「子どもと遊びながら作った夕飯、美味しいー」
等と言ってみましょう。

家には子どもだけです。堂々と自分を褒めましょう。
少し気分も晴れて、また気持ち新たに頑張れますよ。

パパと話をする

協力してくれない、褒めてもらえない、これには「大変さを知らない」という理由が隠れていたりします。

その日あったことや大変だったことや、子どもの悩みなどを話してみましょう。
理解してくれたり、協力してくれるようになるかもしれませんよ。

暇だという誤解は仕方ないと割り切る

専業主婦は楽だと思われていたり、休みなく家のことをするものだという考えについて、
反論することも時には必要ですが、人の考えを変えることはなかなか難しいものです。

そんな時は、割り切りましょう。

やってみなければ大変さはわかりません。
わかってもらえなくても仕方がないと思うことも必要です。
たとえパパでも、自分は自分、他人は他人です。

外に出ましょう

子どもと毎日家に居たらどうしても孤独を感じてしまいます。

思い切って外へ出てみましょう。
散歩も気分が変わっていいですよ。
子供にとっても刺激を受けるいい機会です。



子どものイベントなんかに参加をすると、お友達ができることもありますよ。
専業主婦の世界をどんどん広げていきましょう。

密かに蓄えやスキルアップ!?

もちろんしないにこしたことはないのですが、他人同士で結婚しているわけですから、離婚という選択が出てくることもあります。

自分だけの貯蓄を作っておいたり、再就職に向けてのスキルを身に付ける方法というのも考えてみてもいいかもしれませんね。

さいごに

専業主婦にも悩みはあります。
もちろん、仕事をされている人にとってもです。



つまり、その立場になってみなければ、本当のところはわからないということです。
決して、どちらがいいということはないのです。

まだまだ、様々な場面で専業主婦をわかってもらえないことはあるかもしれませんが、働くママとお互い理解しあうことが出来たらいいですね。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク