いちご鼻は一生治らないのか?綿棒とオロナインで簡単な治し方を試す

気になる鼻の毛穴のひらき!
「いちご鼻」と指摘されたことありませんか?

化粧で上手く隠せていても時間がたつと目立ってきます。



そして化粧を丁寧にすればするほど、
「いちご鼻」の症状がひどくなっていくってご存知ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

綿棒を使って、いちご鼻を治す方法


「いちご鼻」と言われる鼻の毛穴の黒ずみは、毛穴につまった皮脂や角質、汚れである「角栓」が原因です。
皮脂や古くなった角質、汚れなどが鼻の毛穴に詰まり
酸化して固まったものが「角栓」になります。


その上に、化粧で毛穴を塞ぐことで、更に症状が酷くなってしまうのです。

そこで、このつまった「角栓」=「いちご鼻」の改善に「綿棒」を使って取り除く方法をご紹介したいと思います。
  1. 刺激の弱い洗顔料を手のひらで泡だて
    丁寧に洗顔します。
  2. 「綿棒」にベビーオイルをつけます。
  3. 「いちご鼻」の気になる部分に
    「綿棒」で優しくマッサージすると
    細かい汚れがとれます。
  4. 頑固な汚れには
    「綿棒」の先をスライドさせて
    「角栓」を押し出すと汚れがとれます。
  5. 最後に化粧水で毛穴を引き締め、
    乳液、クリームなどで保湿しましょう。

※要注意です!

この「綿棒」を使った方法は汚れが取れてスッキリとしますが
毎日のようにしては逆効果です。

皮脂の分泌過多を招き、悪化する場合がありますので、「綿棒」でのお手入れは
週に1回程度を目安にしましょう。


オロナインで、いちご鼻を治す方法

続いて、オロナインで「いちご鼻」を治す方法をご存知ですか?

オロナインは「しもやけ」や「傷」に効果がある軟膏として、多くの方に知られていますが、
非常に殺菌効果の高いクロルヘキシジングルコン酸塩液が主成分となっています。



このクロルヘキシジングルコン酸塩液の強い殺菌力を利用することによって、
鼻の毛穴の「いちご鼻」対策をする方法があります。
  1. 刺激の弱い洗顔料を手のひらで泡だて
    丁寧に洗顔します。
  2. 「いちご鼻」の気になる部分に
    「オロナイン軟膏」をたっぷりと
    塗りつけます。
  3. 塗った状態のまま、湯船に入ります。
  4. 入浴後、しっかりと洗い流します。
    さらに気になる方は
    この後、市販の「毛穴パック」をしてください。
  5. 最後に、化粧水で毛穴を引き締め、
    乳液、クリームなどで保湿しましょう。
こちらの方法も「綿棒」の方法と同じく週に1回程度を目安として行いましょう。

過度なケアは肌に悪影響を及ぼしますので、根本的な「いちご鼻」の改善には生活習慣の見直しをおすすめいたします。


「いちご鼻」になってしまう原因

まず、毎日の洗顔やお手入れを正しく行っていれば「いちご鼻」になることはないはずです。

以下に「いちご鼻」になってしまう原因をあげてみましたので、
あなたの生活習慣に当てはめて考えてみてください。。
  • 「拭き取りタイプ」のクレンジングシートを使っている
  • 「スクラブ入り洗顔料」を使っている
  • 「毛穴パック」を月3回以上している
  • お手入れは「化粧水」のみ、「乳液」「クリーム」は使わない
  • 毎日のように飲酒する
  • 激辛料理など刺激物を好んで食べる
  • ファストフードや外食が多い
  • 日焼け止め対策をしていない
  • 睡眠時間が6時間以下
上記の中で、当てはまる項目が5個以上ある方は、「いちご鼻」だけでなく
お肌の状態が悪い可能性が非常に高いです。

お肌の正しいケア、毎日のバランスの取れた食事が「いちご鼻」の改善へと導きます。

まとめ

いかがでしたか?

簡単に「いちご鼻」を治す方法、しっかりと頻度を守って試してみてください。



そして、上にあげた「いちご鼻」になる可能性がある生活習慣!!
思い当たる項目がいくつかあったのではないでしょうか?

少しずつ生活習慣を改善してお肌も身体も健康に気持ちよく生活してくださいね^^



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。