共働きは家事や子育ての分担で忙しいし辛いけどメリットも見逃せない

働く女性の多くは結婚して出産した場合、
このまま働き続けるべきか、つまり共働き家庭になるか、
という問題に直面するのではないでしょうか?



初めての子育てともなれば、女性からすると、
これは人生の岐路とも言える大きな問題ですよね。

共働きの場合、仕事と子育てとの両立が必要になってきますし、保育園などに子どもを預ける場合にも保育料がかさみますし、送り迎えの時間と仕事との調整も必要になるので、働きたい気持ちはあるけれど、思いとどまってしまっているという方も多いことでしょう。
そんな女性の方に共働きのメリットをいくつか、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家庭の収入が増える

まず、共働きの大きなメリットとして言えるのが、収入が増えることですよね。
働く女性としては、当たり前に聞こえるかもしれませんが
専業主婦になってしまえば、この収入はゼロになってしまいます。
ここが働く女性と専業主婦の、いちばんの大きな違いです。
専業主婦は、自分の収入はゼロなので旦那さんが稼いできたお給料で毎月やりくりしなければなりません。
しかし、あなたも旦那さんと同じように働きに出ることで毎月の予算は大きく変わってきますよね。



また、共働きの家庭はどちらかが働いていない家庭よりも、
貯金額が多いことも分かっています。
毎月の支出を差し引いても、お金に余裕が生まれているということですから
将来の子どもの学資や老後資金も用意できる環境が整うのではないでしょうか?

収入が増えることに越したことはありませんよね。

収入源が2つになる

共働きにおいて、お金の面でのメリットは収入がアップすることだけではありません。

もし、ある日突然、旦那さんが病気になり、しばらく働きに出ることができなくなってしまったら大変なことになりますよね。
それだけではありません。最近では、転職される方も少なくないですよね。
期間をあけることなく、上手く転職が進めばいいのですが
いろいろな事情が重なって、そうはいかないことだってあるはずです。

そういう状況下で、仕事を探し始めても、なかなか思い通りにはいきません。
探している時間ももったいないですし、焦っている時は
働くうえでの条件を自分で下げてしまうこともあるでしょう。
加えて、そんな条件で働いても続かなければ意味がありませんよね。



また、そういった状況の時に一から人との関係を築いていくというのも
精神的な負担になりやすく、ダウンしてしまう方も少なくないでしょう。

収入源がひとつだけではないことが、あなたや家族の安心にも繋がるのではないでしょうか。

家事や子育ての分担

共働きのメリットは収入の面だけではありません。
家事や子育ては専業主婦であれば、すべて妻の仕事だと言う人もいるでしょう。
現在では、「イクメン」や「専業主夫」という言葉も定着しつつありますが、
専業主婦の家庭で、満足に協力できているという男性は
まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。

しかし、共働きの場合であれば話は全く違ってきますよね。
旦那さんも働くお父さんですが、あなたも立派な働くお母さんになります。
共働きでは、父親も母親も、働くという意味では役割の違いはありません。



同じ立場に立った働く親なのですから、
同じように家事も子育ても平等にこなすべきですよね。
たとえば、あなたが旦那さんよりも出勤時間が早いのであれば、保育園などへ送っていくのを旦那さんに任せて、お迎えはあなたの担当に振り分けることもできるはずです。



寝かしつけは旦那さんが担当し、朝起きて朝食を用意するのはあなたが担当することにしたり、晩御飯はあなたが作り、その後片付けは旦那さんに任せたりすると
家事と子育てを上手く分担できると思います。



これらはあくまでも例ですが、きっちりと役割を決める必要はありません。
夫婦のライフスタイルに合った分担方法を探してみてはいかがでしょうか。


お互いのしんどい部分を理解し合える

家事や子育てを分担し、また分野や職種が全然ちがっていたとしても
お互いが、同じように働きに出ているので、たとえ、どちらかが
仕事での愚痴や弱音を吐きだしたとしても、同じ立場のあなたなら
その辛さを理解して、励ましてあげることや助言を言いやすいのではないでしょうか。
専業主婦の場合、家事や子育ての二つを両立してこなしている方が多いので
旦那さんが仕事から帰宅し、家でゆっくりする姿に怒りを感じる人も少なくないでしょう。

家事や子育てに協力的でないことを指摘すれば、「仕事で疲れている」と言われ、
普段は温厚な主婦でも「私だって毎日疲れているけど!」となってしまいますよね。



働きに出ていても出ていなくても、疲れているのはお互いさまなのに
家事や子育ての辛さを理解できない、逆に仕事の辛さを理解できないために
夫婦間で相手を尊重できなくなってしまうケースはよくあることですよね。

でも、それが続いてしまったら夫婦の大きな溝になってしまうような気がします。
共働きであれば、そのケースに陥りにくい環境が作りやすいのかもしれません。

まとめ

共働きにおいてのメリットは、今回紹介したものだけではありません。
昔に比べて、働く母への理解も深まり働きやすいしくみも増えています。

これから出産し、働き続けるか退職すべきかを検討している方に
少しでも参考になればと思います。