ジョギングダイエットの頻度は?毎日は逆効果!?続けられる予感^^

ジョギングでダイエットをしようと思うけど
毎日やらなきゃいけないのが苦痛でなかなか始められない・・・
でも毎日しなくていいんです。毎日のジョギングは返ってダイエットに
逆効果って知っていましたか?



健康診断で体脂肪率を指摘された方⚠

ビールや夜中のラーメンが原因の
ぽっこりお腹をなんとかしたい方⚠

駅では階段でなく絶対にエスカレーターに乗る!
という方⚠



そろそろ、不摂生と運動不足のツケが回ってきていませんか?

そこで、重篤な病気になったり、体重計の数字が跳ね上がる・・・
その前に簡単にできるジョギングダイエットをご紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

効果的なジョギングダイエットの頻度は?


ダイエットと言えば食事の制限や水泳、ヨガなどの
運動によるダイエットを思い浮かべる方がいるかもしれませんが、
誰でも簡単に始められるジョギングダイエットについてご紹介したいと思います。



ジョギングは特別な知識がなくても
運動靴と運動しやすい服装があれば誰にでも
今日からでも始めることができます。



ではこのジョギングダイエットですが、
お腹まわりの贅肉や増えすぎた体重を減らすためには
いったいどのくらいの頻度でジョギングをすればいいのでしょうか?



毎日、仕事が終わって走らなければいけないのか?

雨の日も風の日も毎朝早起きして
走らなければいけないのか?

いえいえそんなことはありません。
実は、ダイエットするためのジョギングは毎日走らなくても良いと言われているんです^^

筋肉の疲労や、後述する「活性酵素」の増加を抑えるためには
週7日の内、3~4回が理想であると言われています。

天候やご自身の時間に合わせて週の半分程度ジョギングできれば充分ダイエット効果が期待できます。


気負わず時間が空いた時に続けるようにしましょう。

ジョギングダイエット初心者向け、距離、速度は?


ここでひとつ注意したいのですが
激しいジョギングを素人がやりすぎると
心筋梗塞などのリスクがあると言われています。



また、心臓に負担をかけ過ぎた結果の「心筋梗塞」の他に
激しい運動をすることにより「活性酸素」という物質が体内で作りだされます。



「活性酵素」は、殺菌力があり体内の細菌やウイルスを撃退してくれるのですが、
その反面、他の物質を酸化させる(錆びさせる)働きがある酸素です。



呼吸することにより酸素とともに体内に入りますが
その酸素のうち約2%が活性酸素であると言われています。

激しい呼吸で体内に活性酸素が増えることにより正常な細胞や遺伝子まで破壊される
ケースがあるというデータが発表されています。



まず極端な例を先に述べさせていただきましたが
ジョギングは正しい方法で行えば、ダイエットや美容に
効果の得られるとても優れた運動方法であることは間違いありません。
いきなり走るのではなく、準備運動(ストレッチ)と水分補給(ジョギングの前後にコップ1杯程度)を心がけましょう。

ストレッチはゆっくり呼吸しながら、ふくらはぎ、太もも、アキレス腱だけでなく、肩周りや背中、胸など体全体を意識して行いましょう。

準備運動として、その場でポンポンと20、30回飛ぶのも効果的だといわれています。

距離などを決めて早く走る必要はありません。



話しながら走れる程度のゆっくりとしたペースでジョギングしてください。
時間は20分~30分程度でダイエット効果が期待できます。

1kmを7分~8分のペースで距離にすると3~4kmということになります。



始めは10分程度から呼吸が苦しくならないように
体調を見ながら時間を少しずつ伸ばしてみましょう。



三日坊主にならないように続けることに意味があります。

自分の体調をみて無理なく楽しく走れる距離をジョギングしてください。

まとめ

いかがでしたか?

ジョギングダイエットについてご紹介しましたが
思ったより簡単に続けられそうだと思いませんか?



何よりも、ダイエットのためのジョギングでしたら、
毎日しなくていいんですね。週3,4日で十分というのが
忙しい方には嬉しいところですね^^



ジョギングはダイエットだけでなく、気分転換もできて
慣れてくるとストレス解消にもなると言われています。



気に入ったコースを見つけて、健康、美容、ストレス解消のため
楽しくジョギングを続けてくださいね。