馬籠宿の楽しみ方は散策にあり!風光明媚な地を旅行したい人に最適!

プライド:レスポンシブ

中山道は江戸時代の5街道のひとつですが、
説明の必要がないほど知られていますね。



東海道が海沿いで江戸に行くのに対して、
中山道は山奥を通る街道となっています。
中山道は『木曽街道』や『木曽路』とも呼ばれています。



そんな中山道の馬籠(まごめ)といえば、現在では観光地として
知られていますが、昔は単なる宿場町だったんですね。
※馬籠と言えば、妻籠(つまご)とワンセットですが、
今回は馬籠だけの紹介です^^

馬籠宿へのアクセス

アクセスマップ


馬籠はこんなに風光明媚です。

馬籠のシンボルともいえる水車に歓迎されます。



馬籠宿の散策に便利ですよ↓↓

馬籠宿の案内略図です。印刷して持っていったら便利です。





石畳は歩きにくいんですが、風情がありますよ。



お腹が空いたら、お蕎麦屋さんがけっこうあります。

馬籠宿の食事処案内図をごらんください。
馬籠観光協会の公式サイトです。



藤村記念館で『破戒』の世界に触れてみる・・・





江戸まではまだまだ!




石畳を登り切ったら日本百名山の恵那山が見えます

恵那山は日本百名山のひとつです。







藤村の歌もありました。




さいごに

都会の喧騒を離れるには、馬籠は最適のスポットです。
ゆっくりと散策して、往時を思ってみてください。



妻籠までは歩いたらかなりの距離になります。
でも、車での移動でしたら楽に行けます。
せっかく馬籠まで行ったのなら、ぜひ
妻籠にも行ってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク