奈良東大寺のお水取り!おすすめの日程と時間! 混雑を避けるには⁉

プライド:レスポンシブ

奈良東大寺の「お水取り」は
毎年多くの人で賑わうことで知られており、
「春を呼ぶ行事」
「お水取りが終わらないと春が来ない」・・

などと言われるほど、奈良の人達にとっては
季節の節目となる大切な行事として定着しています。


そんな伝統ある東大寺の「お水取り」の様子は毎年ニュースにもなるほど!
大松明(おおたいまつ)の迫力もさることながら、見物客の多さにも圧倒されます。



混雑は相当ですが、それでも一度は行ってみたい!というあなたのために
おすすめの日程や時間、そして混雑を避ける方法などについて
ご紹介します。

東大寺のお水取り【日程と時間】

東大寺のお水取りは、修二会(しゅにえ)、お松明(おたいまつ)とも呼ばれ、
天平勝宝4年(752年)以来途絶えたことがない、
奈良時代から続く伝統行事です。



「お水取り」の名称の由来は、
観音様にお供えするお香水(おこうずい)を汲み上げる行事からきたものです。
正確には、「お松明」や「お水取り」は「修二会」という仏事です。
※なお、修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といいます。



修二会自体は2月から始まりますが、
実は、「お松明」は、3月1日~3月14日の期間毎日行われます。



時刻は毎日19:00から

※3月12日(月)は19:30から、
※3月14日(水)は18:30からです。

いつもニュースで見ているのは3月12日の様子です。



毎年3月12日がメインとなるのでおよそ2万人~3万人もの人が訪れます。



3月12日には籠松明(かごたいまつ)が焚かれ、
二月堂にある若狭井(わかさい)に
水を汲みにいきます。



これがいわゆる「お水取り」の儀式です。
汲み上げた水は「お香水」と呼ばれ、本尊である十一面観音に供えられます。



創始当初からの「水」が入ったものは「根本香水」と呼ばれ、
それは練行衆(れんぎょうしゅう)にしか与えられません。
でも、一般の人には「次第香水」と呼ばれるものが頒布されます。



「次第香水」は「飲めば病気が治る」と言われていて、3月12日、13日、14日の
お松明の後に頒布されます。



ただ、お香水を受け取ることができるのは、タイミングよくその場所にいた人たちのみ
なのです。2万人~3万人もの見物客がいるので当然と言えば当然ですね。


東大寺のお水取りの混雑状況は?

さて、気になるお水取りの混雑状況ですが、
「お松明」の期間中の土曜日、日曜日、そしてクライマックスとなる12日と、
14日の最終日は大混雑が予想されます。



「お松明」が見られる広場が3千~4千人の収容(立ち見)に対して、予想される12日の来場者数は2万~3万人です。警察や機動隊の出動もあるほどです。

遅くとも17:30までに入らないと広場にさえ到達できない可能性があります。



12日の「お松明」は19:30からですが、「お水取り」は深夜1:00ごろにもなります。



その時間はかなりの冷え込みになります。
奈良の夜は本当に寒いです。



待ち時間のことも考えてしっかりとした防寒対策が必要です。
考えられる最高の防寒対策をしていったほうがいいです。

さいごに

12日のクライマックスの「お水取り」は、
ちょっとした覚悟と体力が必要になります^^

クライマックスを2回経験した管理人の感想です。
混雑が嫌い・行列が嫌いという方は、土日を避けて(もちろん、12日と14日も避けて)、平日に行くことをおすすめします。


平日でもお松明は行われていますし、十分な迫力です。



「お水取り」は大きな松明が登場する派手な仏事なので、
観光客にはとても人気があり、大盛り上がりです。



しかし本来、「お水取り」という行事は、厳格な宗教儀式です。
歓声や拍手も禁止!カメラのフラッシュなどもだめ!なんです。

でも、実際はお松明が登場すると大歓声がおこりますが^^



平日に行けば、本来の厳粛な行事に参加できるのではないでしょうか。
実際、平日の二月堂は気になるほどの混雑ではありません。
どうしてもクライマックスの12日に行かれる方は、
万全の防寒をしてくださいね。

『京都の底冷え』ってけっこう有名ですが、奈良も負けてはいませんよ!

京都と奈良と、どちらにも暮らしたことがありますが、嫌になるほど底冷えがして、体の芯から寒くなるというのはいっしょです。



とにかく冷えますので無理のないようにお出かけくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク