階段昇降にダイエット効果?正しいやり方で消費カロリーをアップ!

食欲の秋からはじまり
忘年会、正月休みなど・・・
美味しいものがたくさんあって、
楽しいことがいっぱいあって、
ついつい食べ過ぎて
しまいますよね^^

体重増加が気になっていて
今度こそはダイエットを
成功させたいという方!



今まで色々なダイエットを試したけど
なかなか効果が出なくて
続かなかった方!

体重計に乗るのが恐怖になって
いませんか?

サプリによるダイエットや
炭水化物抜きダイエットなどを
試された方もいると思います。


でも、やはり健康的に、かつ、効果的に体重を落とすには
運動によるダイエットが
一番いいのではないでしょうか?

運動すると体が喜びますよ。



そこで今回は簡単に継続してできる「階段昇降ダイエット」
をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

階段昇降の消費カロリーは?


運動をしてダイエットする時には
まず消費カロリーが気になるところです。
いったいどんな運動をどのくらいすると
何kcal消費されるのでしょうか?

そこで
実際に各運動ダイエットの消費カロリーを
比較してみようと思います。



体重70kgの男性が10分間で消費するカロリーが何kcalなのか
カロリー数が高いものから順にあげていきます。



1位 ランニング 140 kcal

2位 水泳 120 kcal

3位 縄跳び 100 kcal

4位 階段昇降 60 kcal

5位 自転車 50 kcal

6位 ウォーキング 35 kcal

おそらく、あなたの予想どおり「ランニング」「水泳」は
消費カロリーが高く本格的にダイエットする方には
一番効率的なダイエットと言えるでしょう。



ですが、マンションの階段やご自宅の階段などで
天候に左右されずに簡単に継続してできるものとしては
この中の「階段昇降ダイエット」が
一番おすすめできます。

「自転車」や「ウォーキング」と比べても
格段に消費カロリーが高いことが
お分かりいただけると思います。




階段昇降ダイエットの効果的なやり方を紹介




「階段昇降ダイエット」の噂を聞きつけ
階段をやみくもに昇り降りした!!という方はいませんか?



おそらく
翌日には両足が筋肉痛になり普通に歩くことさえ困難
になったのではないでしょうか?



せっかく一念発起して
ダイエットを始めたにもかかわらず
これではまったく意味がありませんね。

そんな方にも
「階段昇降ダイエット」を継続していただくために
正しい方法をご紹介したいと思います。

階段は登る時と降りる時に使う筋肉や関節が異なります。

登りにはふとももにある「大腿四頭筋」

下りには膝やふくらはぎにある「下腿三頭筋」

アキレス腱はもちろん、
腹筋や背筋なども鍛えられます!



いきなりの運動は体に負担をかけますので
「階段昇降」をする前に準備運動をして
全身の関節や筋肉を充分にほぐしましょう。

準備運動

1. 大きくゆっくりと首を回す

2. 手首を回す

3. 肩を前後に回す

4. 屈伸運動

5. 伸脚運動

6. 腰を大きく回す

7. 足首を回す

8. アキレス腱を伸ばす

9. 深呼吸する



少し時間を掛けて全身をほぐし、心身ともにリラックスした状態で
「階段昇降ダイエット」をはじめましょう。

階段昇降ダイエットの方法

1.まず、普段通りの昇り降りを10分しましょう。10分が辛い方は5分でも構いません。

2. 5分間休憩をはさみます。

3. 腹筋を意識して5分間昇り降りします。

4. もう一度5分間休憩をはさみます。

5. 腹筋を意識したまま膝を90度に曲げて登ります。下りは先程と同じで構いません。5分間続けましょう。

※これを40分~1時間、繰り返します。



この方法を続けていくと、脂肪が燃焼され体重が落ちるだけでなく
普段使わない全身の筋肉も鍛えられます。

運動を続けることで新陳代謝がよくなり
内臓や肌の調子も整います。

さいごに

「階段昇降ダイエット」はいかがでしょうか?

手軽にできる運動で効果的にカロリーが消費できます。



「階段昇降ダイエット」は健康への第一歩ですが、
合わせてバランスの良い食事と十分な睡眠を取ることで
さらにベスト体重と健康を維持することができます。

毎日のことですので大変だとは思いますが、
気負わず少しずつ改善して健康な身体を手に入れてください。