ワイナリーを新潟で見学!幻の岩の原ワインを飲んだらワイン通!

最初は偶然に見つけました。岩の原ワイナリーを!
キャンプ旅行で新潟県をブラブラしていたときでした。



私は京都府在住ですが、出身は新潟県の柏崎市です。
学生時代には帰省するたびに、友だちが「幻のワインだぞ」と言って、
岩の原ワインを持ってきてくれました。


しかし、学生のときですので、ワインの味もわからず、
ワインにも全く興味がなかったので「こんなもんか!」という感じでした。



もし、あなたがワインについて一家言お持ちなら、
岩の原ワインを知らないとワイン通の基盤は崩れますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岩の原ワイナリーへのアクセス


所在は『〒943-0412 上越市北方1223番地』
になります。



岩の原ワイナリーは、特定の日を除いて年中営業ですが
冬場や春先に行かれるときには、基本的に4駆スタッドレスで
お出かけください。



新潟県は全国的にも雪深いところで知られていますが、
特に岩の原ワイナリーの辺りは、超豪雪地帯ですから。

温かいところから出かけるのであれば、ワイナリーに
直接連絡して、雪の状況を確かめることをお勧めします。

でも、突然のドカ雪もあり得ますので、やはり4駆スタッドレス
が安心です。(私は地元民でしたから、雪の怖さは熟知しています。)

岩の原ワイナリーの基本情報


岩の原ワイナリー(株式会社 岩の原葡萄園)

所在:〒943-0412 上越市北方1223番地
TEL:025-528-4002 FAX:025-528-3530

問い合わせ時間:平日(8:30~17:00)※土日祝日及びその他の休日以外

営業時間
ワイナリー見学  9:30~16:30 (1月、2月は日曜定休)
年末年始及び3月の特定日も休業
※詳細は問い合わせが必要

岩の原ワイナリーの公式サイト

【※1】上記のサイトはきれいなのですが、たとえば
ワインショップの営業時間など細部がわかりません。
電話での問い合わせが確実です。

【※2】サイトの中には、岩の原ワイナリーの
創業者が、あの『勝海舟』のもとを訪問し、
そこで振る舞われた葡萄酒をヒントに
ワイナリーを開園した、という興味深い
記述もあります。

岩の原ワイナリーのレストラン

私が3回目に訪れたときは盛夏で、ちょうどお昼時でした。
建物内のレストランが満席でしたので、屋外の
テーブルに席を求めました。



さすがに暑さには閉口しました。
新潟育ちですから夏場の暑いのはわかっていたのですが、
盛夏は京都や奈良とそんなに変わりませんのでご注意を!

もちろんワインの試飲ができます!

無料の試飲もあったと記憶しています。
しかし、各種のワインを飲みたかったので少々支払って
試飲しました。妻だけが^^



運転手の私は香りだけ!妻が色々と試していました。
すごく美味しいと感想を言われてもねぇ・・・

運転手の飲酒は厳禁ですよ!!

岩の原ワイナリーの散策はおすすめです。

ちょっと散策気分でブドウ畑を歩くのも乙なものですよ。
頸城平野が一望できます。
たしか見晴らし台に大正天皇が訪れた碑もありました。



昭和天皇がご訪問された地に記念碑があるのは
割と散見するのですが、大正天皇の記念碑は
初めて見ましたし、それ以来見たことがありません。



散策ルートは夏場でも爽やかさにあふれています。





岩の原ワインの秀逸さ!

岩の原ワインはどれも秀逸だと思います。
特におススメなのは深雪花(みゆきばな)の赤です。
完熟のマスカット・ベーリーAをオーク樽で熟成させるそうです。



深雪花(みゆきばな)の赤は、あの世界的ソムリエの田崎真也さんが選ぶ
「21世紀に残したいワイン64本」の一つ
にも選ばれています。
普段、ワインを飲み慣れていない方でも美味しいって思えるはずです。


一生に一度は飲みたい岩の原ワインはこれだ!

幻の岩の原ワインと呼ばれるのが『善兵衛』です。



『善兵衛』は、岩の原葡萄園創業者「川上善兵衛」に由来するワインです。

つまり、創業者の名にふさわしい品質のワインが出来たとき
だけ発売される幻のワインです。



岩の原葡萄園の歴史上、過去に5回しか発売されていません。
(1986年・1994年・2002年・2009年・2014年)



是非、試してみたいワインですが、
果たして入手できるのかどうか?
岩の原ワイナリーへの直接問い合わせくらいしか
方法はないのかもしれません。

さいごに


どうでしょう、岩の原ワインを育んだ
岩の原ワイナリー。

日本でのワイン産地というと
「山梨」ってイメージが強いのですが、
新潟の雪深い上越市にこんな
素敵なワイナリーがあるんです。

旅行やスキーで近くに行ったときに
是非寄ってみてください。