下駄箱のカビと臭いは梅雨時だけじゃない!予防対策と掃除方法!

プライド:レスポンシブ


梅雨時の下駄箱から
カビくさい臭いがしたことありませんか?
気になって奥を見てみると
実際に目に見えてカビが生えていることがあります。



カビの臭いだけでなく、あの玄関に漂う下駄箱の臭気にも
悩まされていませんか?



たとえば
普段履く靴はいつも玄関の上り口に出しておいて
下駄箱をずっと閉めたままにしているのでは。



これでは下駄箱の通気が悪くなり、
湿気がこもってしまいます。



雨の日のアトや汗をかいた日のアトに
靴をそのまま下駄箱に入れてしまうのも
カビや臭いの原因になります。



そこで、カビが発生する原因と対策、それに嫌な
「白カビ」と「黒カビ」の掃除方法をご紹介します。

玄関の臭いは、芳香剤を使うことによって軽減させることは
もちろん可能です。でも『臭い物に蓋をする』やり方でしか
ありません。抜本的な臭い対策で臭いの元を根絶しませんか。
実はカビの予防対策をすることは、イコール
玄関の臭い対策にもなるんです。


下駄箱のカビ対策は、下駄箱の臭気対策にもつながる
まさに一石二鳥なんです^^


下駄箱のカビ対策まとめ


この章のカビ対策は、そのまま臭い対策につながります。

カビが発生しやすい環境

では実際に、カビが発生しやすい環境を
ご説明しましょう。
  • 湿気 70 ~ 80%
    締め切った下駄箱の中に、履いていた靴を
    そのまま入れると室内より更に湿気が高くなります。
  • 温度 20 ~ 30度
    夏前の温度が最も繁殖するのに
    適した温度だといえます。
  • タンパク質
    靴に付着した皮脂汚れなど
    タンパク質の汚れを栄養分として
    カビが発生します。
カビが発生する条件に、梅雨時の下駄箱の中が、
ピッタリとあてはまってしまいますね。

でも、梅雨時だけじゃないんです。
冬場でも、雪や雨に濡れてしまった靴をそのまま下駄箱に
しまった場合、湿気は格段に高くなります。



このカビが発生しやすい環境にならないためには
どのように対策すればいいでしょうか?
新聞紙を敷く

下駄箱の中に新聞紙を敷き詰めて
その上に靴を並べます。
下駄箱内の湿度を下げる役割があります。
換気して通気をよくする

下駄箱の扉を定期的に開けて
換気をします。カビの原因である湿度を下げ
滞留している空気を入れ替えると
カビの発生を妨ぐことになります。
脱いだ靴を干してから入れる

脱いですぐの靴や、水気を含む靴は、
すぐに下駄箱に入れず
1日ほど風通ししてから下駄箱に入れます。


下駄箱内に水分を持ち込まないようにしましょう。
下駄箱のカビがひどくなると
靴にまでカビが生えることがあります。



濡れてしまった靴の乾燥には、昔からの定番!の
新聞紙を丸めて入れると効果的です。



下駄箱だけでなく靴の換気と
お手入れも定期的に行いましょう。

下駄箱のカビ掃除方法まとめ


では、すでに下駄箱で繁殖してしまったカビの掃除は
どのようにすればいいのでしょうか?



「白カビ」を除去する方法

掃除機で吸い取る方法

下駄箱内の靴を出して
気になるカビを
掃除機で吸い取ります。

掃除機の排気が
室内に入らないように気をつけて、
玄関の扉を開けて、換気をしながら行ってください。



エタノールで拭き取る方法 
  1. エタノールを容器に記載されている
    倍率で水で薄めます。
  2. 玄関を開けて換気しておきます。
  3. エタノールを
    キッチンペーパー(又はティッシュ)に染み込ませて
    気になるカビを拭き取ります。
    (肌の弱い人は、ゴム手袋をはめてください)
  4. 目に見えないカビが発生している可能性もあります。
    最後に、下駄箱全体をエタノールを染み込ませた
    キッチンペーパーで丁寧に拭きましょう。

黒カビを除去する方法

漂白剤で拭き取る方法
  1. 玄関を開けて換気しておきます。
  2. スプレーに漂白剤を原液のまま
    入れてください。
  3. 気になる黒カビの部分に吹き付けます。
    徐々に黒カビが消えていきます。
  4. まず、キッチンペーパーで拭き取ります。
  5. お湯で濡らした雑巾で
    もう一度、しっかり拭き取ります。
  6. 完全に乾くまでしっかり乾燥させましょう。

まとめ

降雨量が少なくなると農作物が育たなくなったり
水不足になったりと大変なことになります。



頭ではわかっていても、雨降りのときは、やっぱり下駄箱のカビや
洗濯物の生乾きの臭いなど色々と面倒な事が多いですね。


お気に入りの靴がカビ臭くならないように
ちょっと一手間かけることで快適に過ごせて
雨の日も楽しくなりますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク