立山黒部アルペンルートの見どころは何といっても雪の大谷です!

プライド:レスポンシブ

立山黒部アルペンルートの醍醐味は何といっても『雪の大谷』ではないでしょうか。




私は学生時代に山岳部に入っていたので、5月連休のあとに毎年『雪の大谷』を見ることができました。さすがに、最初見たときは圧巻でした。バスの屋根よりも、はるか上に雪の壁が迫っているものですから。

アルペンルート自体の詳細、注意点や服装などは『立山黒部アルペンルートの公式サイト』に勝るものはないので、そちらをゆっくりご覧ください。当ブログでは、アルペンルートのこんな楽しみ方もあるよ、ってことでお伝えします。


『雪の大谷』を観光するのは、いつがいいのか?

アルペンルートは、閉鎖直前(閉鎖されるのは11月30日です)を除いては、開通の4月中旬から、ほぼ混んでいます。特に、大多数の方が長期の休みとなる5月連休は、雪の大谷がきれいに見えることと相まって、メチャクチャに混みます。



そこで『雪の大谷』観光のお勧め時期ですが、5月連休が終わった平日がいちばんです。5月の20日くらいまでなら雪の壁の高さも十分あります。なにも、雪の壁がもっとも高い時期に行かなくても、迫力の度合いはそんなに変わるものではありません。



私が学生時代に『雪の大谷』を見ていたのは、毎年5月の中旬でした。

その時期でも、剱岳のそばでテントを張っていると、猛吹雪に襲われたことがあります。それだけ下界とは気象条件が違います。ですから、『雪の大谷』が連休を過ぎるとすぐに融けてなくなる、なんてことはありませんので安心してください^^


立山黒部アルペンルートを満喫するのは、日頃の行いが大事!天気次第なんです。

今までアルペンルートには3回行きました。

学生時代には山登りで、富山側から室堂まで10回ほど行っているのですが、観光で行ったのは社会人になって3回です。



いちばん最初はかなり期待していました。アルペンルートの全ルートの制覇が初めてだったからです。ですが・・・アメあめ雨。



絶景のはずの大観峰で、ほとんど景色が見えませんでした。唯一、散策ができる室堂でも冷たい雨に打たれて、トレーナーを買わざるを得ませんでした。夏でしたので、半袖で行きましたから。

そのときの反省の様子はこちらです!アルペンルートへの効率的なアプローチも参考にしてください。



アルペンルートは本当に天気次第です。でも、アルペンルートに行くって決めるのは、1,2ヶ月は前のことになるのが通常ですね。明日行くところがないから行ってみるという人は、まずいないでしょうから。

やはり、運を天に任す、しかないと思います^^


夏場にアルペンルートに行くのなら、この温泉に浸かりたいです!

日本秘湯を守る会、のファンの方でしたら本当におススメの温泉が室堂にあります。みくりが池温泉です!

日本最高所の秘湯を守る会の温泉です。でも、十分に足に自信のある方向けです。なぜなら室堂から30分ほどはアップダウンの道を歩く必要があるからです。



私は、1回だけ浸かったことがあります。本当に良い思い出になりました。アルペンルートの旅行って、取りあえず乗り物を乗り継ぐという意識になってしまいがちです。でも、丸1日使うことができるのなら、そして足に自信があるのなら、ぜひとも立ち寄って欲しい温泉です。

晴れていたら、目の前に立山連峰を望むことができ、至福のひとときになること間違いなしです。

以前、みくりが池温泉に入ったときの様子はこちら!


まとめ

アルペンルートは何回行っても、その都度に楽しみが違うと思います。

足腰が弱くなったな、と思ったら、富山から室堂まで行ってホテルに泊まり、帰りも来た道を引き返すだけでいいんです。



元気な人は室堂を散策しまくるのがおススメです。本格的な登山者も多数いますし、結構面白いですよ。

過酷な北アルプスの懐に簡単にアプローチできるという点で、アルペンルートは一押しスポットです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク