奈良公園の紅葉はカップルにオススメ!!ライトアップの時期と時間は?

プライド:レスポンシブ




今年はどこの「紅葉」を見に行きますか?



京都に行く!

と言う声が聞こえてきそうですが



実は

関西の人気紅葉スポットに

「奈良公園」が

毎年ランキングされているんです。



あまりマスコミでも

取り上げられることもないため



見ごろの時期でも

比較的ゆったりと観光することができます。



710年に奈良平城京に都が移されて以来

1300年の歴史ある古都奈良。

1998年には

奈良公園一帯が「世界遺産」として登録されました。



奈良公園の周辺には

魅力的な場所がたくさんあります。



興福寺、東大寺、正倉院、春日大社、

奈良国立博物館など

たくさんの歴史的文化遺産が隣接しています。



奈良国立博物館では

奈良時代、平安時代の日本文化に触れることができます。



そして

敷地面積200万坪

東西4km、南北2kmにもおよぶ

広大な園内には

いたる所で野生の鹿が

のんびりと過ごしています。




1000頭以上いる

この奈良の鹿は

国の「天然記念物」に指定されています。





また

春日大社でまつられている

武甕槌命(たけのかづちのかみ)が

白鹿に乗ってやってきたという言い伝えから



古くから

鹿は「神の使い」であるとされています。



「鹿せんべい」をあげたり

野生の鹿たちと触れ合うことができますが



「鹿せんべい」以外は

体調が悪くなってしまいますので
ぜったい与えないようにお願いします。


奈良公園、紅葉の時期は?

浮見堂





奈良公園の紅葉は
10月下旬から、12月上旬にかけて見ごろを迎えます。



見ごろがこれだけ幅広いのは



広大な園内に

約1万本もの植物が植えられており

種類によって見ごろがずれているからです。





10月下旬からは、「ナンキンハゼ」が

11月中旬からは、「モミジ」が色づき始めます。



そして

11月中旬から、「イチョウ」も見ごろです。





若草山を背に

園内のあらゆる場所で

秋の情緒を味わえます!





1日では回れないほど

とても広大な公園ですので

紅葉の見どころを

少しご紹介したいと思います。





「春日大社」


回廊内にイチョウの巨木があります。

朱塗りの回廊をバックに

美しい黄色が際立ちます。



「浮見堂が浮かぶ鷺池周辺」




黄色から赤へと変化する

紅葉のグラデーションが

鷺池に映りとても美しいです。



「新公会堂の庭園」

回遊式の庭園から眺める

紅葉はとても美しく

一見の価値があります。



「東大寺 大仏池周辺」

こちらはイチョウの名所として有名です。

まるで一面に黄いカーペットを

敷きつめたような美しさです。



奈良公園での思い出に

紅葉と野生の鹿も一緒に

記念撮影してみてはいかがですか?


奈良公園、ライトアップの時期と時間は?


奈良公園では

紅葉をメインとしたライトアップは

行われていませんが



1年を通して

興福寺五重塔(こうふくじごじゅうのとう)

猿沢池(さるさわいけ)、浮見堂、春日大社など

重要建造物等を中心にライトアップされています。

(東大寺は夏季のみ)



・ライトアップ時間は  19:00 ~ 22:00

紅葉のライトアップではありませんが

もちろん

建物周辺の紅葉を楽しむことができます。



興福寺から三条通りを東へ歩いていくと

南側に低い丘があります。



その丘を越えると

鷺池(さぎいけ)に浮かぶ

「浮見堂(うきみどう)」が見えてきます。





鷺池「浮見堂」の周辺では

春は桜、秋は紅葉と

とても美しい景観が楽しめます。





夜はライトアップもされ

とても幻想的な雰囲気に

包まれていますので



カップルの紅葉デートには

ぜひオススメしたいスポットです。


まとめ

今回は

奈良公園の紅葉についてお話させてもらいましたが



カップルで「奈良公園」まで行くお二人に

ぜひ訪れていただきたい場所がありますので

ご紹介させてください。





日本で珍しく

夫婦神をまつる神社として有名な「春日大社」



日本神話に出てくる「大国主命(おおくにぬしのみこと)」と

奥様がご一緒にまつられています。





仲むつまじい二人の神様にあやかり

恋愛成就のパワースポットとして人気があります。



可愛いハート型の占いに

ハート型の絵馬も人気です。





夜のライトアップまでに

ぜひ訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク