お年玉の相場はいくら?赤ちゃんにもお年玉は必要なの?!

プライド:レスポンシブ


今まではお年玉をもらう側だったのに、働き始めてお年玉袋をあげなきゃいけない場面が
増えて来た方も多いのではないでしょうか。



まだまだ自分の子供も居ないのにお年玉なんて…(T_T)年末年始はなにかとお金もいるのに…(T_T)
と頭を悩ませる方もいるはずですよね。





私自身が20代なりたての頃に兄が結婚して赤ちゃんが生まれたので、
叔母になってしまったんです( ̄▽ ̄;)!!



私はお正月になると実家に帰るんですが、甥っ子が生まれて始めてのお正月は
お年玉が必要なのか悩みました(><)
あげるとしても何もわからない赤ちゃんにいくらあげるの!?



受け取るお兄ちゃんも妹からお年玉なんて貰えないって思わないかな!?
もらえたらいいか、どうせ親の懐に入るんだから^^
ひょっとしたら、お返しとか余計な負担かけることになるんじゃないのかな!?



でも、もし私だけ用意してなかったら気まずいし…(T_T)



悩んでもキリがないのでさまざまな情報を調べました!
その結果や私の経験を含めて記事にまとめてみたので参考にどうぞ♪


赤ちゃんにあげる「お年玉」の相場はいくら?




まず赤ちゃんにお年玉をあげなきゃいけないのかが気になりますよね。
これにはさまざまな意見があって、家庭の方針や繋がりの強さによるみたいです。



例えばお年玉を貰ったことがある相手の赤ちゃんだったら、
気持ちとして1,000円包んでお返しの気持ちとしてあげる方が多いようです。



もしも、自分に子供がいてお祝いなどいただいている場合も、
お年玉としてお金を包む方は多いですね(^^) 気持ちですよ、気持ち。





あとは、相手の赤ちゃんが生まれた時に出産祝いをあげていない場合には、
出産祝いも兼ねて少し多めのお金を包むこともあるのだとか。



出産祝いは一般的に兄弟では1万~3万らしいので、まだ収入も少ないのであれば1万円でも
この機会に遅くなったけど…と一言添えて渡すといいでしょう(^^)
それ以外の場合であればあげるかあげないかは自分で決めていいと思います。



あげるのであれば、金額を少なめにして絵本やおもちゃでも買ってあげてね♪
っと渡したら相手も負担にならずに喜んでくれるのではないでしょうか?



ただし、年に何回も顔を合わせるのであれば、相手が気にする場合もありますから、
一応ポチ袋を用意していって雰囲気を見て渡すか決めるといいでしょう(^^;



お年玉は気持ちですし、赤ちゃんは分からないので兄弟であればさほど気にしないでもいいと思いますよ(^^)
負担にならないように現金ではなく、図書カードやトイザらスなどの金券を渡すという方も多いようです。


プレゼントをあげる場合は?




まだまだお金の価値がわからない小さい赤ちゃんには、
おもちゃや洋服などのプレゼントをあげる方も多いようです。



その場合の金額もお年玉と同じように1,000円程度に収めると
相手の負担にもならずにいいでしょう(^^)





ただ、服は親の趣味があるので選ぶのが難しいです。
おもちゃも種類が多いし、もしも持っているものだったら
『しまったぁ~!』と気まずい雰囲気になりますよね(^^;



そこでオススメなのが靴下などの日用品です♪
靴下であれば消耗品ですから数が必要ですし、
デザインもそんなに気にしない人が多いですよね(^^)



また、1歳を過ぎた赤ちゃんにはベビー用お菓子の詰め合わせなども喜ばれるようですよ!
ただ、この際も相手の育児方針でお菓子禁止などがないか確認してからのほうが安心でしょう。


さいごに




赤ちゃんは可愛いですし、親族の赤ちゃんであればなおさら可愛くて
何かしてあげたくなりますよね。



ですが、あまり多くの金額を渡すと相手の親も負担になる場合があるので、
たくさんしてあげたい気持ちがあってもそこは我慢して
1,000円程度にしておきましょう!



むしろ、500円でもいいそうなので、やはり現金を渡すよりもお菓子や服、
おもちゃなどを買ってあげる方が喜ばれるかもしれませんね(^^)
お菓子やおもちゃなどは相手の負担にもなりにくいでしょうし、
素直に喜んで受け取って貰えるかと思います。



子どもは大きくなるとその分お年玉も増えますし、
初めからあげすぎるとのちのち大変になりますからね。



逆にあげないと自分に子どもができた時、してもらうのも申し訳なくなってしまうので
気持ち程度はしてあげるといいんじゃないでしょうか(^^)

スポンサーリンク
スポンサードリンク