お年玉の相場はいくら?中学生にあげるお年玉の金額は?

プライド:レスポンシブ




今年ももう終わりですね。



年末年始ってなんだかんだでお金がかかっちゃう時期ですよね~(T_T)
特に、新年からどんどん消えていくのがお年玉ではありませんか?



昔はもらう側だったお年玉を、今では子ども達にあげる側になって、なんだか不思議な気持ちにもなりますね(^^) ま、いつまでも、もらっていたいものですが・・・



自分の子どもだけでなく、甥っ子・姪っ子や親戚の子どもなど意外と出費がかさむものです(^^;
小さい子であれば1,000円くらいでいいかなぁ思いますが、中学生にはいくらくらいが相場なんでしょうか?



私も姪っ子が中学生になったので気になって調べてみました。



やっぱり小学生と中学生ではお金の使い道も違うから、相場も上がるのか気になりますよね。
少なすぎてケチだと思われたくないし、多すぎるとなんか損した気分になるし(^^;



今どきの中学生っていったいどのくらいもらっていて、お年玉を何に使っているのでしょう。
昨今の中学生事情を調べてまとめてみましたので、ご参考にどうぞ♪


中学生がもらっている、お年玉の相場はいくら?




今どきの中学生がもらっているお年玉は5,000円が大多数でした♪



ちなみに小学生では3,000円でしたので、2,000円アップしていますね!



中学生のお年玉に5,000円が高いのか安いのかは人それぞれですが、私の時から比べると高いなぁと感じます(^^;



中学生の子が2人いたら1万もかかっちゃうんですよ~!年を取るってなんだか複雑ですね。





また、中学生は学年にかかわらず値段は同じという方が多く見られました。



中学生の場合も入学祝いや卒業祝いなどがありますので、付き合いが深い関係であればそのことも頭に入れておくといいでしょう。



もしも渡し忘れていたのならお年玉も兼ねて渡すと、お年玉と祝いが別個に要りませんし、忘れていたことも隠せますし…(笑)一石二鳥というやつですね(^^;)



ちなみに全国のお年玉合計金額では平均2万円程でした!そこから考えると相場の5,000円って、もらう人数によってはかなりの金額になります。中学生にしては、高額過ぎるんじゃないかなぁなんて感じました。



お年玉は気持ちの問題なので、家計に負担がかからないくらいで渡してあげるといいでしょう(^^)



少ないと思われてもその子も将来きっと分かるはずです!お年玉の大変さを…(><)


中学生がお年玉を貯めて買いたい物とは?




中学生は男女ともに少しずつ大人の意識が芽生えてくるようで、調べてみるとこのような結果になりました。


iPod、iPad

ゲームなどよりも音楽を聴く機器のほうが欲しいと言うのは、なんだか成長を感じますね。



確かに私も中学生の頃はウォークマンなどに憧れていた気がします。


洋服や靴

特に女の子の場合はファッションに興味が出てきて、色んな服や小物などを欲しがる年頃でしょう。



友達同士で買い物に行く機会も増えるでしょうし、大人顔負けでバーゲンに参加するなんて子もいるようです(^^)


本や雑誌、CDなど

中学生では意見が分かれてマンガ本をお年玉で買いためるという意見と、小説を買うという意見がありました。



私は中学生の頃はマンガ本やファッション雑誌を買いためて読むのが楽しみでした(^^)



お年玉で小説を買うなんて、最近の子はどんどん大人びてきている気がしますね。


貯金する

今のこの不景気を中学生でも感じ取っている子がいるようで、堅実に貯金する子が意外にも多かったです。



なかでも驚いたのが、そのお金を外国為替や株式投資に使うという中学生もいたのです!



大人でもそんなこと知らない人が多い中で、中学生でも投資をしている子がいるなんて驚かされるばかりです(><)



私も見習いたいくらいですね。株のことはわかりませんが(^^;)



その他では昔と変わらない中学生らしく、ゲーム機やおもちゃ、筆記用具などがありました♪


さいごに




最近の中学生のお年玉相場は3,000円から10,000円程度であることが多いようですね!



その中でも切りよく5,000円をあげる人が多いのだとか。
金額はあげる人数にもよってよく考えるといいでしょう(^^)



お年玉は家計に無理のないくらいで、気持ちとしてあげたらいいのではないでしょうか。



それにしても最近の中学生のお年玉の使い途が昔とはだいぶ変わってきていて
時代の流れをひしひしと感じました(^^;



社会の仕組みを知る意味で投資をするもよし!普段買えないものを買うのもよし!
1年に1度くらい好きなようにお金を使うのもいいのではないでしょうか。



もしも使いすぎる子の場合は、親が貯金してあげるのもひとつの手ですね(^^)

スポンサーリンク
スポンサードリンク