福井の恐竜博物館周辺の恐竜の森なら子どもでも退屈せずに遊べます!

プライド:レスポンシブ

福井県立恐竜博物館で遊んできました。これまでに7,8回行ったことがあります。いつも、白山白川郷ホワイトロード(旧:白山スーパー林道)に行く途中で立ち寄っていました。

今回は小1の娘に『恐竜見に行かない?』と聞くと、ノリノリでしたので、1泊2日で計画しました。




アッ恐竜だ!娘は大はしゃぎです。

※恐竜博物館は『かつやま恐竜の森』の中にある施設で恐竜博物館自体はテーマパークではありません。展示の恐竜が動くといった趣向は凝らされていますが、あくまで博物館なんです。よほどの恐竜オタクでもない限り、説明文を全部読むなんてことはできません。小さなお子さんでしたら、動く恐竜や大きな化石には多少の興味を示すでしょうが、大半の展示物は退屈だと思います。

でも『かつやま恐竜の森』の中には、アスレチックやディノパークといった体を使える施設も整っていますので、小さなお子さんにはそちらの方がおすすめです。

『かつやま恐竜の森』公式サイトです。恐竜博物館やディノパークへのリンクも貼ってあるので便利です。恐竜博物館と恐竜の森との位置関係がよくわかりますよ!






恐竜博物館入口で恐竜博士がお出迎え^^

記念写真には格好のスポットです。




入口から長~いエスカレーターで一番下まで行くのが、通常順路です。

B1Fから2Fまでが展示室で、3Fが入口、レストラン、お土産ショップという構造になっています。

※恐竜博物館での所要時間はどれくらいか?

これは、人によってかなり異なるはずです。恐竜大好き人間なら3,4時間は必要でしょうね。説明文を全部読みたいでしょうから。でも、小さなお子さん連れなら、動く恐竜見せて、大きな化石を見せて、ゆっくり歩いても40分くらいで回れると思います。







このティラノサウルスはかなりリアルに動きます。小1の娘が怖がったので、抱っこして近くに寄って行ったらギャン泣きされました(^^;)

妻からは『なんで子どもいじめるの』と怒られました。娘を驚かせるつもりなんか全然なかったのですが、あそこまで泣くとは思いませんでした。




迫力ありますよ!




小さな子には結構恐いのかも・・・




恐竜の化石が所狭しと展示してあります。




ある意味、不気味かもしれません。




こんな大きかったんだ!古代に思いを馳せる瞬間です。




ジュラシック・パークを思い出しました。







ガメラみたいだね~、と娘に言うとニンマリ^^




翼竜がぶら下げてあります。




これって、何だったのかな?鬼みたいに思えたので撮ってみました。

さて、3Fのレストランに入ってお茶でも飲もうかなと考えたのですが、長蛇の列でしたので諦めました。自販機のジュースで我慢しました。

お昼ご飯を恐竜博物館のレストランで、と考えるのはかなり無謀だと思います。行列が苦にならない方ならいいんですが、そうでなければ博物館に来るまでに食事処に立ち寄った方がいいですよ。

ちなみに私はここで、おろし蕎麦とソースかつ丼セットを食べました。



博物館の駐車場のすぐそばに食事処がありますが、同じようなおろし蕎麦とソースかつ丼セットの値段が300円も違いました!! 観光地ってどうしても高め設定になりますよね。



博物館からアスレチックへGO!徒歩で3分くらいでしょうか。


この滑り台は子どもが大喜びでした。妻も一緒に滑っていましたが(^^;)




アスレチックと呼べるものは、実はこの『ビッグターザンロープ』と長い滑り台だけなんです。でも、子どもであれば、この2つだけで1時間は持つと思います。








ヘラクレスオオカブトがさらに巨大化した!!

もちろん模型です。娘がアスレチックにも飽きてきたので、ディノパークに移動しました。アスレチックから徒歩5分もかかりません。ディノパークの売りは、実物大の恐竜33頭を配置した森を徒歩20分ほどで回るコースです。実物大の恐竜が動いたり吠えたりするそうです。

でも、行ったときがうだるような暑さでしたので、徒歩20分はきつすぎます。電気自動車で回る『巨大昆虫冒険ツアー』だけにしました(^^;)

ディノパークの動画をどうぞ↓↓ 涼しい季節にぜひチャレンジしたいですね。






巨大昆虫冒険ツアーの始まり~!

巨大トンボ




巨大カマキリ、カマキリってやっぱり迫力あります。蟷螂拳(とうろうけん:俗にカマキリ拳法と言われています)を思い出しました(^^;)




巨大なセミ!おしっこの量が半端でないような気がする。




巨大クワガタ、挟まれたらと思うとぞっとします。




オオクワガタかな?ミヤマクワガタかな?




巨大スズメバチ!あの色合いは本当に苦手です。




巨大アリ、ヒアリじゃありません。こぶがなかった。




巨大カブトムシ!馬より馬力ありそうです。




巨大テントウムシ、こんなのは指先に乗せられません。



さて、これはディノパーク施設内の『ガオガオボート』です。子どもだけで簡単に進めます。両手で左右側面のハンドルを回すだけです。時間制限は一人5分です。


小1の娘でもなんなく動かせていました。







ちょっと怖いかも。ディノパーク施設内の『ガオガオスライダー』です。



かなり急角度で滑り降ります。一人3回ほどできたのですが、娘はアト1回を放棄しました。係の人に『もういい』って言っていました。そのあとで理由を聞くと『ちょっと怖かった』・・



恐竜の森や恐竜博物館は、施設の特徴を押さえていれば、大人から子どもまで十分楽しめますよ。ぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク